2020/10/25

ユーロドル分析byライントレード(ルール通りに動くユーロ)

2020年後半のユーロドルについて

今日は前回、前々回でも取り上げたユーロドル(EURUSD)についてです。

  • ユーロドルはこれからどうなの?
  • ポジションが不安!
という方は読んでみると良いかも知れません。
また、ルール通りって何?
と思われる方も面白いかと思われます。
2020/10/25記
スリースタータードットジェーピー 大野

4時間足

EURUSDH4 20201025

まず前回少し書いた4時間足レベルの話では、この値位置が目標値でした。
一回、下へ振ってから上昇したので分かりにくくなったのですが、
目標値へ到達。

到達後は戻るべきラインへ戻り反発しました。

一回下へ振った時の値動きも、私が気が付かなかっただけで
この値位置への押し目はセオリー通りでした。申し訳ございません。
※フィボナッチのセオリーです

私は一回下へ振った時の下落を買いながら売り(?(笑))、
目標値への上昇を買っていました。そして、
戻るべき値位置からの反発をまた買いました。

日足

EURUSDD1 20201025

日足で見るとこうなっています。
前々回で書いたもので、チャネルを抜けているので高値圏でうろうろしています。
そのまま伸びていけば良いのですが、
1.2にはエクスパンションのラインがあり、ここを年末に抜けているかどうかが
来年以降の値動きに重要な影響を及ぼす事が予想されます。
よって、まだこの値位置で持ち合いになっているというわけです。

で、気が付いたのですが
エクスパンションのライン以外に、今回用いているリトレースメントの目標値というセオリー。
これは『新値動きのルール』という新動画をご紹介するために
わざわざこのやり方で説明していますが、
このルールで面白い事が分かりました。

今回の1.2への上昇こそ、目標値へのものだったのですね!
今のところ完璧に目標値へ到達して反落しています。

正しく、本当に理論通りにラインを引いたのならこういう目標値になります。

この引き方が正解!なのだとすれば
ある値位置へ到達する前に、戻るべきラインがあります。
という事は
今私も買っていますが、そして買っている人も多いと思いますが
このユーロをいつまで保有すべきかという問題があるなあ、と考えているところです。

十分にこれからの値動きには、気を付ける必要があります。
ご注意を。

これはただの予想ですが(事実は上に書いたものだけ)、
おそらく1.2前後で越えたり戻ったり
とにかく持ち合いになって、年を跨ぐかどうか
時間を掛けて、1.2を若干超えるでしょう。
そして、1.25に到達する前に1.13まで下落するはず。

30分足

EURUSDM30 20201025

目標値が分かるので、利食い損ねる事もなく、この3つの押し目を捉えられました。
下落目標値も重要ですね。
これがないと、どこで下落が止まるのかは分からないからです。

この30分足の安値からの上昇目標値はよく機能しましたが
その戻りの値位置が少し足りません。
この点は気掛かりですね。
来週以降の値動きでまた考えてみたいところです。
※特に配信はしませんが

なお、毎週、勝ち方実戦編フリーパスプランのメンバーサイトでは
このユーロドルやその他市場について配信しています。
こういう公開ブログではそもそも
手法自体を教えていないので、ラインを出せない(笑)ので配信自体が難しいですが、
全てを知っている方々へ書くのは簡単ですから。
※まだ読んでいないメンバーの方はサイトで読んでみて下さい。


この手法は最新の動画『新値動きのルール』で学べます。

それではまた。

提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。

0 件のコメント: