2020/06/03

ドル円が2014年から割れていないライン

ドル円が2014年から割れていないラインとは

もう6月ですね。月末には半年が終わります。今日は少し長期的な話を踏まえつつ、現在の相場展開について書きたいと考えています。

今月の題材はドル円とユーロドルについて。
ちなみに、先月は日経平均でした。

日経平均は4月・5月と買いを推奨していましたが、
月初の予定通り21700円へ月末に到達し、終値ではブレイク!

現在は22000円台です。

会員様からも複数勝ち報告を頂いています。
ある程度美味しい値動きもひと段落しましたので、
今度は為替について考えてみましょう!

※記事2020/05/04 日経平均の値動きのルール
記事2020/04/30 株価指数予定通り上昇!!日経平均20000円台
※tradingviewへ投稿2020/04/05 日経平均のホットゾーン
※動画『月間展望4月号』『月間展望5月号』
→月間展望・年間展望を先着33名様にプレゼント!「勝ち方実戦編」デビューキャンペーンはこちら

ドル円月足
ドル円月足 2020年5月30日
ドル円月足 2020年5月30日
今回はこの話がメインです。
動画『月間展望6月号』でお話した事の一つなのですが、
実は…
ドル円は2014年以降、106.484という極めて重要なラインを
”年終値”で割れていません。

この値位置はフィボナッチエクスパンションで算出した時に
月足規模で一番重要な値位置です。

このラインを年で割れるという事は翌年の下落を意味する事になり、
そのため年終値では死守しています。(言って良いのかは分かりませんが)

下落しても戻り、下落しても戻るのはこのためで、
このまま上にキープしたまま、下落のファン最終ラインを抜ければ
次のファンまで上昇出来る可能性が高くなります。

それとは逆に、ダレて下がって行けば
いずれ106.4も割れてしまうかも知れません。

5月6日~7日にこのラインを付けて反発!
現在、6月3日の執筆中は108.7まで上昇しています。

下げそうでも下げない、上げそうでも抑えられる。
完全な持ち合いに入った2017年から、今年で3年が過ぎました。

今分かっているのは、この持ち合いの終結に向けて、
どちらへ動くか、そのヒントが出されようとしているという事。

このチャートには載せてありませんが、下からのファンもあります。
3月の下落が止まった理由は3つほどあり、その内の1つがこれ。

※全てテクニカルの話で、残り2つは2016年の安値を切り上げるためと、年の目標値へ到達したから。
※対外的な理由で、ドルインデックスの反発もある。

さて、そのファンというものは(この場合、フィボナッチファンの事)
斜めの線です。

斜めの線なら時間が経つと、いずれそのラインへぶつかります。
上下からそのファンが狭まって来ており、必然的に値動きも収縮。
しかし、どちらかへ抜けるしかない状況が今年の年末~来年初めには訪れるでしょう。

先ほどのエクスパンションの値位置とファンには今後、注目です。

ドル円日足

ドル円日足 5月30日時点
ドル円日足 5月30日時点
月間展望6月号を撮影した時点のチャートなので、5月30日です。

この時、『108.4~109.7が目標で、とりあえず108.4までは行く』が、
『その後で108.4を割れた時が危険』だという話をしました。

これには、別の理由(年の目標値)もあります。
基本的には今回の分析はエクスパンションとファンだけで行いました。

なお、107円台から跳ねたのも
上からのファンを抜けており、下からのファンで反発したから。

※もちろん違う理屈もあります。チャネルでは最終ラインでなんとか踏みとどまった、という値動きが5月最終日でした。

このように、ラインは極めて機能すると同時に、値動き自体を決定付けてしまうところがありますので、詳しく知っておく事をオススメします。

この使い方(ファン・エクスパンション・年の目標値など)はこちらの本に載っています。
  1. 極意書 フィボナッチトレーディングの進化論⋰
  2. 極意書第二巻 STRATEGIES 20の売買戦略
※1が詳しい使い方、2がトレードルールです。

ユーロドル月足

ユーロドル月足 5月30日
ユーロドル月足 5月30日
ユーロドルも安値圏で停滞し、何度も反発を繰り返していますが
何の理由で踏みとどまっているのかというと、これもファンです。

ただ、月足の大きな規模のファン(2000年~)で止まっていても、
直近の2017年からのファンは割れています。
このために「上昇しそうで戻る」という値動きを繰り返しています。

ユーロドル日足

ユーロドル日足 5月30日時点
ユーロドル日足 5月30日時点
5月終値で日足レベルのファンを抜けたので、上昇!

5月30日に動画でお話したのは
『1.2~1.24のラインがターゲットであり、同時に抵抗にもなる』という話です。

6月3日には1.2まで上昇しました。

ただ、まだこのチャートは完成したとは言えません。
この後、"あるパターンを作り上げられれば"、年末までに上昇出来るはず。

トレードルール1~5として、極意書第二巻と勝ち方実戦編で教えているパターンなのですが、トレード手法についての理解が必要になります。

また、『月間展望6月号』では1時間以上掛けて
ドル円、ユーロドル、日経平均、ナスダック、金、ドルインデックス
についてお話しました。こちらの動画も是非ご覧下さい。

これで月間展望の視聴者募集は最後となります。

→月間展望・年間展望を先着33名様にプレゼント!
「勝ち方実戦編」デビューキャンペーンはこちら


それでは6月も頑張っていきましょう!

提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。

2020/05/04

日経平均の値動きのルール

日経平均はこのルールに基づいて動いている

5月のGWですね。
今年はいつもと違って、自宅ばかりで退屈されていますか。

暇だからと言って、『よしトレードで稼いでやるぞ』と思ったところで
良くない値動きを繰り広げる可能性は高いですね。

なぜなら、
大手ディーラーや大口トレーダーが休みで個人トレーダーばかりが
トレードしている(会社員は休みなので)と仮定しましょう。

素人ばかりがトレード→値が動かない→小動きになる→儲からない
または持ち合いになる、など
あまり美味しいとは言えない値動きに今日、4日もやはりなっています。

そこでオススメなのは、
「今はどういう値動きなのか」を考える事です。

そしてラインブレイクした時にトレードを開始すれば
(いつになるかは分かりませんがタイミングはラインブレイク)
成功する確率は上がるでしょう。

というわけで、今月の『月間展望5月号(動画は3日に配信済み)』絡みの記事としては
タイトルに書いてしまったので、日経平均について。

日経平均4時間足

日経平均4時間足 5月4日時点
日経平均4時間足 5月4日時点
クリックで拡大出来ます。この4時間足を見ると上昇トレンドが確認出来ますが、
このチャネルに沿っての上昇だと分かります。

そして今回の話は、「フィボナッチチャネルの手法」についてです。

日経平均30分足

日経平均30分足 5月4日時点
日経平均30分足 5月4日時点
30分足で見ると、この規模の下落チャネルに今はいますね。
そして、その前の下落でも同じでした。

どこで買えば良いのでしょうか?

チャネルブレイクです。

越えるまでは下落チャネルに沿って下落継続中と考え、
越えたら買いに切り替える。

この規模で動いている事はお気付きでしたでしょうか。

この手法は、現在執筆中の極意書第二巻 ストラテジーズ20の売買戦略第4章
トレードルール4(戦略8・9)です。

目標値もありまして、4月の天井は丁度その目標値でした。
私としては下落チャネルに切り替わってからは売っていますが、
この手法。

目標値とチャネルを組み合わせたトレンドフォローの戦略
丁度戦略8が日経平均の現状にぴったり。

焦る必要は全くないので、
戦略8の条件が整った時に売買して頂ければ、
次の値動きも上手く行くはずです。

一つのヒントとしては、チャネルを引いてみて下さい。
ただし、普通のチャネルを引いてもあまり意味がありません(笑)。
フィボナッチチャネルです。

もう一つは、目標値。
こちらも必要です。

トレードルールは枚数、損切りと利食い位置、
その他諸々全てが絡み合って一つになったものなので、
この記事ではなく、

詳しくはストラテジーズで。

※5月22日の8周年を記念して、先行販売特典動画も増えました!


月間展望5月号INDEX版
動画『月間展望5月号』では「日経平均、ナスダック、ドル円、金、ユーロドル、ドルインデックス」についてお話しました。

今回はFXとINDEXで動画を分けて、2つの動画をお届け。

先月も的中!

5月は、各相場でチャンスが結構あります。
というよりも、分かり易い。
明確な分岐点となる値位置もすでに分かっているので、そのラインを越えれば上昇するし
しなければ下落するでしょう。

毎月送っているこの動画『月間展望』や『年間展望』は
勝ち方実戦編(先着33名様)にプレゼントする事にしました。

丁度、日経平均の上に書いた値動き(や、ナスダックの値動き)を捉える方法も
新動画として追加しました。詳細はこちら

それではまた。

素敵なゴールデンウイークを!
お体ご自愛下さい。

提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。

2020/04/30

株価指数予定通り上昇!!日経平均20000円台

4月5日の配信通り、日経平均上昇!

4月のメイン相場は株価指数の買いでした。なぜ上昇したか?
そして、その理由とは?
まさに明らかな理由がこの上昇にはありました。

公開している記事ではFXについても書いてありますが、
実は会員様専用で配信している動画『月間展望4月号』では株価指数の買いだけをオススメしていました。
幾つか理由があります。

日経平均が上昇した理由①

日経平均月足
日経平均月足
4月5日配信のチャート、TradingViewに投稿したチャートでも
同じようにファンによる上昇を示唆しておきました。
これが最も明確な理由となりましたので、その他の様々なテクニカルとしての理由はとりあえず伏せておきます。

とにかく、20000円台突入!
これでようやく日経平均も、今年の下落は半分以上回復しました。

日経平均が上昇した理由②

ナスダック日足
ナスダック日足
アメリカで一番強い株価指数、ナスダック。
昔からそう言っていますが、この株価指数が上昇すれば
基本的には他の株価指数もつられて上昇します。

イースター後がチャンスと前回書きました。
イースターが終わった時、この時点でさらなる上昇が明確になりました。
※ここから私も買っています

結果、4月30日時点で
コロナショックの下落を8割回復!!まさにV字回復でした。

何を見たら良いのか?

色々な手法がありますが、スリースタータードットジェーピーでオススメしているのは
ライントレード。

一番シンプルで簡単な手法だけでもこの上げは取れます。

分かりやすくするためにナスダックのチャートには、フィボナッチだけを引いておきましたが、
暴落から上昇し始めたら、どのラインブレイクで買ったら良いのでしょうか。


そして、日経平均が上昇した理由①で書いたファン。

極意書
この設定値や使い方、考え方、もちろん簡単なフィボナッチの手法なども
重要なフィボナッチとギャンを使ったライントレード技術の総決算として出版した、たった一冊の本に全てを詰め込んであります。


※ご好評につき、朱色はあと一つで完売です。白も残りわずか。

なお、『月間展望』シリーズは勝ち方実戦編フリーパスプランという教材の特典動画です。
※フリーパスプランは完売しました。フリーパスプランは無料会員サポート付きの特別なプランです。また5月も月間展望をお届けします。

最近ホームページで買って頂いた方には(販売ページには書いてありませんが)
月間展望だけ、サービスで付けています。期限は決めていません。
せっかく毎月配信していますから、会員サイトなどは付けられないのですが
ご購入頂いた方には付けようという事です。こちらをご希望の方はお早めにどうぞ。


以上、4月は配信通りで大成功でしたね。5月も頑張っていきましょう!

提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。