2022/05/07

相場分析ブログを移転します!

相場分析ブログを移転。

このブログでは約10年間、相場分析を配信し続けて来ました。
しかし新しいブログを作成しましたので、今後はそちらで配信して行く予定です!


フィボナッチを使ったライントレードでの相場分析です。
今後とも宜しくお願い致します。

提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。

2022/03/14

チャリティトレードをしよう!、とお詫び

チャリティトレードをしよう!

今ひっ迫しているウクライナ情勢で、国と国はどうでも良いですが
困っている民間の人達がいます。我々に何か出来ないでしょうか。

トレーダーであれば、相場からお金を頂きます。そのお金は今日儲けようと思えば今日儲けられるわけです。
その一部を、ウクライナの子供たちや難民となってしまった方々のために使ってみてはいかがでしょうか。

では、今日明日でどうやって儲けるのか?

その方法は今からお伝えします。

ドル円115円→117.8円へ

ドル円1時間足 3月14日時点
ドル円1時間足 3月14日 最後の一枚を利食い

これが先週撮影しながら行ったサンプルトレードと同時に行っていた、スイングトレードです。デイトレードとスイングトレード。どちらでも良いのですが、
伸びるタイミングを計ってこうやって利益を出せば良いのです。

先週末時点
先週末時点

デイトレードの場合。

この方法ならとても簡単です。

買うべきところから買ったら、目標値で利食いする。

環境認識をしっかりやっておけば、このようにピタッとはまるでしょう。
環境認識の段階では色々な手法で分析しても良いのですが、その後はこの手法に集中する事。それがトレードを簡単にします。

10年間教えて来た内容をとにかく簡単に分かるようにまとめ上げたトレード手法!

これをチャリティ企画として発売しました。



お詫び

先ほど、ライントレーダーズ通信で東日本大震災の時に最初に医療チームを送ってくれたのがイスラエルと書きましたが、ウクライナと勘違いしていました(笑)。申し訳ございません。
ウクライナだったら良かったのですが。

ただ、もしも
ウクライナがそうしていたら
今頃
日本人からの援助は凄かったでしょうね。

誰かを助けておくと、後からその誰かに助けてもらえる事がある。

今の日本もそうだと私は思います。
そんなに油断できる状況でもない。

世界中の誰よりも支援しようという人が多い。それも日本のトレーダーからの支援数が多かった。となるように夢見て、この企画を始めました。

軍隊へ支援するのではなく、
難民や子供たちを助けるために支援するならこちら。

日本ユニセフ「ウクライナ緊急募金」へ


しばらくの間、スリースタータードットジェーピーでは売り上げの1割をユニセフ「ウクライナ緊急募金」へ充てさせて頂きます。

トレードで稼いだお金で募金するためのテクニック

シンプル デイ アンド スイング♪」という企画商品は
デイトレーダーもスイングトレーダーもどちらでも使えるライントレード手法です。
フィボナッチと、かなり優位性が高い理論が含まれています。

この教材で出た利益の内3割をユニセフ「ウクライナ緊急募金」へ募金させて頂きます。

今すぐ自分のお金で募金して頂いても良いですが、
チャリティのためにトレードで稼いで募金するのはもっと良くないでしょうか。

現在の手法でそれをやっているなら、それで良いです。
もしもそうでなければ、この手法を利用して下さい。
チャリティ企画なので破格で提供します。

ユーロ円の場合
ユーロ円の場合

サンプルトレードの時も、多くの市場がこのライン通りに動いていました。

シンプルデイアンドスイング♪はこちら(本日発売)

逆に言えば、こんな簡単な事も分かっていないのなら値動きなど分かるはずもない。

その更に逆を言えば(笑)、分かってしまえばこんなに簡単になる。という事です。

先週ドル円の上昇が分かっていなかったFXトレーダーは是非チェックして下さい。この先も毎週のようにチャンスはあります。このユーロ円も。

提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。

2022/03/02

3月分の月間展望LIVE!金、原油、ユーロドル、ポンド円など予定通りに。

3月初めの値動きについて

こんばんは。大野です。2月28日に月間展望LIVEというイベント行いました。その時に、短期分析を参加してくれた方だけにお伝えしましたが、ほぼ全て言った通りになりましたね。

金、原油、ポンド円、日経平均に分析のリクエストがありましたので
それらは短期も分析しておきました。

金

金

ここの押し目買いポイントまで引き付けて買う、というやり方をお伝えしておいたので
上手く行ったのではないでしょうか。

原油

原油
原油
原油は浅い場合はここ、と言っておきました。これが一番大暴騰でしたね。

ポンド円

ポンド円
ポンド円

ポンド円は安値割れを狙いに行く、という話をしていて
翌日さっそく狙いに行きました。

日経平均(これは微妙な値動き)

日経平均
日経平均

日経平均は26465を挟んだもみ合いになるのでは?
とお話しました。
上昇下落し、今は下割れて戻って、というような値動きになっているはずです。
26465よりどちらに行くかを今後注目しましょう。

そして、ユーロドル!

ユーロドル
ユーロドル
ユーロドルはリクエストではありませんが、お勧めでした。
2月からこの話ばかりしていると思います。1.122を割れたら売り!
1月の終値は耐えたのですが、2月終値は割れている。

他にもドル円やナスダック、10年債利回りも言った通りになっています。




2月28日に月間展望LIVEへご参加頂いた皆様、ありがとうございました。


次回3月31日配信(4月分)は
18時 →19時へ
変更になりました。

ご予約して頂いた方には、個別でメールでお知らせを送ってありますのでご確認ください。

またメンバー様はご参加可能な時間であれば
是非、お申し込みお待ちしています。

※無料で行っているサービスなので、分析結果には責任を負いかねます。


なお、このサービスは
勝ち方実戦編フリーパスプランのメンバーだけに無料で毎月行っているものです。

今回の分析 → 結果 は1分の動画にまとめてありますので、
宜しければ商品ページでご覧下さい。


※まだ新規メンバーは若干募集中です。

それでは、3月も頑張って行きましょう!

提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。

2022/02/09

2月月間展望LIVEとその後。1月最終日の米国の仕掛けに驚いた!

2月前半の値動き。

FXとCFDの相場解説をしているブログ、3startersインフォです。

取り敢えず、時間がないのでサクッと要点のみお伝えします。
米国株価指数とドル円とユーロドルの動向について。

NYダウ

NYダウ日足
NYダウ日足

NYダウ4時間足
NYダウ4時間足

本来ここはフィボナッチファンでやるべきなのですが、ギャンファンでこの記事は失礼します。
こんな感じのエリアで考えて頂くとよく分かると思いますが、今が一番持ち合いの中心。
そして、抜けると上下に反対売買してくるエリアがあり、それも抜けた時にようやく値が進むようなイメージです。

35600辺りを中心に、上が36200が抵抗、下は前にも書いたように34000を割れたら売りです。

S&P500

S&P500も下落からの戻り目標も達成し、一旦、一月の下落セッションが終了して落ち着いています。
※S&Pもそうですが、下落を止めるためにアメリカが1月の最後に仕掛けて来ましたね。ユーロドルでも。日や月の終値を操れるからと言っていつも自分勝手なんですよね(笑)。

今回チャートはありませんが、とりあえずS&Pも4494を次に割れるタイミングまではセーフという事になっています。

ナスダック100

ナスダックはまだまだ下の方ですが、15500まで戻したら売られちゃいますよね。15000台に戻せるかがまず焦点です。

ユーロドル

ユーロドル日足
ユーロドル日足
これがアメリカの仕掛けです。1月は最後の最後までは重要なライン

1.122を割れていましたが、最後にこれを難なく(そして急激に)クリアしたので、2月は最初から上昇しているという事です。
前も1.122がデッドラインだと書いたように、このラインが重要なので意識されています。

なお、終値でブレイクしていなければそれは越えた、とは言いませんからね。
つまり、月終値をそのラインより上に残せば綺麗に反発できるという事。

ドル円

ドル円日足
ドル円日足
おかげでドル円も115.2は越えらえず派手な上昇を見せにくい状態。ただ、1月終値は115円台には何とか残した。
よって、このような微妙な値動きになっています。

月初の月間展望LIVEで話したのは、「114.7が買い場、115.2が買い場、115.8を越えるまではまだ分からないし遅くもない。」このような内容です。114.7の買い場は良かったのではないでしょうか。

このライブはメンバー限定で2月分からやっています。それまでは録画のみでしたが、次回からメンバーサイトで参加して市場分析のリクエストが出来るように予定しています。
すでに10名くらいが申し込んでくれています。

※一般の方は参加出来ません。※LIVEへの参加はフリーパスプランのメンバーのみ可能です。

まとめ

その月間展望LIVE2月分では「NYダウが持ち合いになる」という話もしていました。
メンバーの方は是非3月分に参加してみて下さい。

ダウの持ち合い抜けと、ナスダックの15000~15500辺りに注目してリスクオフの度合いを確認しておくのがこれからは重要かと考えています。
為替はちょいと難しい展開かも知れません。多分、ウォール街はFXトレーダーが嫌いなのでしょう(笑)。簡単にはして来ませんね。

それではまた。

P.S.10年債利回りも見ておきましょう。2%近くまで上昇しています。

10年債利回り



提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。

2022/01/30

2022年1月振り返り、FXとCFDの重要ポイント!(NYダウ、ドル円などまとめ)

ナスダック、アウト。NYダウはセーフ。

2022年初めての相場分析記事になりますでしょうか。
年始には「年間展望」と「リアルタイム配信の分析動画」を会員様へお届けしたので、十分だと思っていましたが、記事は何も書いていませんでした(笑)。

動画の通り、ナスダックが下落して
ドル円が上昇してユーロドルが下落して・・。
今年は分かり易すぎるので(笑)、特に相場分析も何も必要ないと思うのですが
一応書いておきます。

NYダウ(US10)

NYダウ週足
NYダウ週足

NYダウは34000がデッドラインなので、これを割れなければ大丈夫。
ただ金利の状況はもちろん宜しくないので割れる可能性の方が高いと考えています。

割れた場合と割れなかった場合の目標値などはチャートに描いてあります。
そして、ナスダックが暴落しているのにNYダウが持ち直している理由はアップルでしょう。

APPLE(AAPL)

アップル週足
アップル週足
アップルはどうやら決算が良かった?とのことで下落せず。
マイクロソフトなどはこれよりも下落が大きかったので、そう考えておけば良いでしょうね。
そして、そのアップルは157.8を割れなければOK。

ナスダックはもう崩れていて、次にNYダウも崩れると
米国株価指数が総崩れとなり、全体的にリスクオフの色合いが強くなるはず。

その意味で少し今、助かりそうな(笑?)雰囲気が出てきたのが
1月最後の値動きでした。

ドル円(USDJPY)

ドル円週足
ドル円週足

ドル円は現在、115.194週終値(tradingviewのFXCMレートの場合)。

かなり微妙なところです。

115.22越えで、上昇が強くなります。

そうでなければ、112.5~115.2でまだウロウロするはず。

米国金利

10年債利回りが2%目指してとりあえず上昇を始めました。
現在1.77で、少し停滞(何なら下落気味)になって来たので、1.5-1.6%位まで戻るタイミングがあれば、ドル円も弱るでしょう。

詳しくは月間展望2月号でまた話します。

それではまた。

P.S.

Tradingviewにも投稿してあるので、宜しければご覧下さい。
ちなみに、NYダウは昨年2021年1月に予告した通り、年末に37000近くまで到達。
その時の記事はこちら。当時は30600でした。
~NYダウは昨年、25600辺りのラインを越えており次は32000台。その次が37000台のリトレースメントで、そのいずれかまでが目標値と考えても問題ないでしょう。 
このDJIもUS30のレートでも大体同じですが、2021年始値30400(US30)-30600(DJI)からは目標達成までまだ少し上げ余地があります。 
32000か37000台までは到達するはず。MAX37500辺りへ到達したとして、すぐに今年下落するとも思えない上昇ですが2・3年後には25000位までは戻って来ていると予測しています。~

Tradingviewより

P.S.2

FXトレーダーはユーロドルが1.122のデッドラインを割れています。この点に注意が必要かと思われます。2020年安値が1.064、現在1.114です。


2月も頑張って行きましょう!

提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。