2020/01/03

年間展望2020!今年注目のドル円は如何に!?

年間展望2020をお届けします

本年もよろしくお願い申し上げます。
さて2020年もいよいよ始まりましたね。

今年はオリンピックもあり、やはり注目されているのはドル円市場でしょう。
順調に伸びている株価指数をやった方が良いと思いますが(笑)しかし
FXトレーダーには注目されているはず。
年間展望2020

という事で、今回はドル円を中心に
ナスダック100、ナスダック総合指数、日経平均、金、ドルインデックス、ユーロドル
について解説しました。

この動画は勝ち方実戦編フリーパスプランのメンバーサイトでご覧になれます。
とは言えこのプランもあと数個で売り切れとなります。既存のメンバー様はご覧下さい。

さて、そんなドル円のヒントになるものは幾つかあります。
上に挙げたものでは金相場とドルインデックスが分かり易いでしょう。
例えばドル円が下落するには、「ドルインデックスが売られる」「金が上昇する」このどちらかの状態になっているはずです。

米ドル価値が下がれば円高ドル安になりますし、
リスクが高まり、金が買われるような状態はリスク回避の円が買われる。
と言えば分かり易いはず。

詳しくは動画で観て頂くとして、今回はドル円の今年重要な値位置をご紹介します。

ドル円月足

ドル円月足
ドル円月足 1月2日
ドル円はこのエリアに抑え込まれており、現在は斜めの線(=フィボナッチファン)の値位置も狭まって来ています。
上が110円、下が102円。
高値安値を見ると、110円の高値114円の高値118円の高値98円の安値があります。
一番簡単に言えばこの4つの値位置とファンを意識すると、どの値位置に抵抗があるのかが分かる。

月足以上の話です。そして109円辺りにある水平線が
上か下かを分ける一つの基準になっています。

ドル円週足

ドル円週足
ドル円週足 1月3日
今1月3日現在、108円を割れています。
このポイントになったのがファン割れ。ファンを割れなければ上昇しますが、
割れれば下落するというのがいつもの値動きです。

年末の終値でこの大きな下からのファンを割れているのでたちが悪いですね。
しかし、それよりは弱い意味しか持ちませんが
切り下げた次の安値その次の安値からもファンは引けます。

これが直近の最後の抵抗。107円台にあります。
つまり、107~109のエリア、そして109~110円台ここまでは小さな持ち合い。
それを抜けた時、102円や114円までの値幅も見えて来る、というわけです。

以上、ご参考になれば幸いです。

それでは2020年も宜しくお願い申し上げます!

提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。

0 件のコメント: