2019/12/12

【勝敗結果公表】相場予想ゲーム‼どうなるドル円?EnterToWin!

新企画、相場予想ゲーム。

ドル円予想 108.8→108.2
ドル円予想 108.8→108.2
今日は新企画『相場予想ゲーム‼EnterToWin!』です。是非ご参加ください。
追記→勝敗は一番下に!

第一回目ドル円予想 108.8→108.2ですが、用意が遅れまして
随分値動きが進んでしまっています。
申し訳ないです。

2020年はこの企画をやりますよ、という告知のようなものだとお考え頂ければ幸いです。

トレードも面白くなければ意味がない!という部分もありますから
少しでも楽しんでもらおうと企画したものです。

企画のあらましの前に、今回の実際の売買をご案内します。
ドル円4時間足12月12日
ドル円4時間足12月12日

ドル円30分足12月12日
ドル円30分足12月12日

予想は冒頭の画像の通り(12月10日、メンバーサイトに掲載済み)ですが、
まずは押し目買い。108.5辺り。そして、108.7までは行くと分かっていたので
10日夜にほぼ利食いし、11日に残りも利食い。

寝る前に108.83を最高値と読んで指値を入れておきました。
朝起きると全ての指値に掛かっており、下落。
11日夜のFOMCで予定通り暴落。108.5で跳ねるのでほぼ利食い完了。

FOMCの夜は、指値で利食い設定はありましたが夜更かししていました(笑)。
そして今12日の夕方は108.65まで上昇中です。
なぜなら108.5のラインを日足終値が上回っているからです。

私の売買はこの後は適当に終わります(108.2まで行く必要もない)が、
大体こんな感じで
「108.5→108.8→下落する」と分かっていれば買いも売りも成功するわけですよね?

その意味において、値動きを予想しておくというのは役に立つのです。
実際にそうなるのであれば利益になるし、ならなくても
相場に合った売買ルールを持っていればFOMCで上がろうが下がろうが勝つわけです。

売買は、どんな予想があったにせよ、あくまでも自分のルールで。
これが絶対的なこのゲームの原則です。

 相場予想ゲーム‼(概要)

相場予想ゲーム‼
2020年にライントレーダーズ通信と、勝ち方実戦編フリーパスプランでお届け予定の新企画です。
お楽しみに!

この企画だけはゆるい感じで行きます(笑)。
面白くなければ意味がないので。

また、今回行った売買ルールは
丁度年末に新教材としてご提供した、『ストラテジーズ』の戦略3と4です。
5分足と30分足を使う順張り手法。そして30分足と4時間足を使う逆張り戦略ですね。

今上昇している値動きの意味は勝ち方実戦編フリーパスプランで教えた仕込み、
そして戦略2を知っていれば良く分かると思います。
昨晩のFOMCで今日は仕込みが大きいですから。

ストラテジーズは全てのルールの検証結果(パフォーマンス)が明らかなので
使いやすいのではないでしょうか。詳細はまた別のサイトに書こうと考えています。
簡単なパフォーマンスも後日販売ページに載せておきます。

なかなか裁量トレードでそういう教材は無いので面白いですよね。

なお、ドル円ですが
「昨年12月は暴落した」という流れもあり、渋る可能性が高いのも事実。
12月の値動きは来年に大きく影響しますので深追いは禁物です。

基本的には年始からでも十分に間に合うはずです。
gametime
可愛い画像を沢山買ってしまいました(笑)

それでは、2020年もどうぞよろしくお願い致します。


P.S.

結果!

game over

もうこの画像を使える事になるとは。逆に嬉しいです。

今回は12月10日時点で次のように予想していました。
第一回目ドル円予想 108.5→108.8→108.2
ただ、記事の配信が遅れたので今回はお試しの企画告知です。

そして、108.5→108.8→108.5→109.27
となりましたので、最後が失敗。ゲームオーバーです。

しかしながら私自身はもちろん勝っています。
2日間で資金は4.1%増でした。
ドル円4時間足12月13日
ドル円4時間足12月13日
というわけで、ファン抜けで次のファンへ。

このセオリーも詳しく言っておけば良かったですね。

このファンは私が編み出したものなので、他の誰も教えていませんが
この上昇もそうであるように、このラインを基準に相場は動きます。
詳しくは著書「極意書」または「勝ち方実戦編フリーパスプラン」で教えています。

最後の残りポジションは「時間帯のセオリー」を利用して上昇を察知。利食いしました。

"「昨年12月は暴落した」という流れもあり、渋る可能性が高いのも事実。
12月の値動きは来年に大きく影響しますので深追いは禁物です。"
と書いておいたのは
翌年に向けた値動き作りが12月の値動きなので、値幅が拡大し続ける事の方が難しいのです。
そしてそれを決めるのは我々ではない。
値動きを作り上げているディーラー達です。
だからこそしつこく追わずに
作り上げられた値動きを見て、年始からトレードすれば良いのです。

というわけで、2020年も頑張っていきましょう!

提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。

0 件のコメント: