2021/08/05

お盆相場は日経平均に全bet

こうなるとキレイ!な値動き

こんばんは。大野です。
久しぶりに相場分析ブログ(公開版)を書いています。
前回書いた時はGW前だったようで、読んでみると
GW前に日経平均下落という予想で、結果は1000円くらいの下落となりました。

というわけで、今回もお休み前に日経平均の分析を配信しておきます。
もちろんお休み期間中は動きにくいので、その点はご容赦下さい。


日経平均4時間足8月5日
日経平均4時間足8月5日(クリックして拡大)
勝ち方実戦編フリーパスプランの会員専用相場分析記事や、月間展望8月号では
きちんとした内容が載せてありますが
これは公開記事なので、ざっくりとご説明しますね。

27700円より上は買い、下は売りです。
8月は何だったらそれだけでも方向性を間違える事はないはずです。

画像に記載した理論の一つは「値動きのルール2」という手法で
下落したら目標値へ到達し、ある割合戻るというもの。グレーの矢印です。

日経平均が3万円に到達してから始まったこれまでの4回の大きな下落は全て、
この手法の通りの目標値へ到達し、戻るべき値位置へ戻っています。

つまり、次に下落しても同じように目標値へ到達し戻るはず。上昇もそうでしょう。
それについて、矢印で示しておきました。

ピンクのラインはフィボナッチエクスパンション。
このラインへ来ると跳ねるので、現在跳ねており
この理由で戻るとしたら上のラインになります。

このエクスパンションの理論は、ストラテジーズという本に書いたもので
この方法も大いにトレードに役立つでしょう。

枠で囲んだエリアはオリンピック開催期間中に滞在するとホームページに書いた、
普通のフィボナッチです。
今は開催中なので、上のエリアに位置しようとしています。

下の枠はもう少し大きな高値安値から見たフィボナッチ。
そこから下は売り場になってしまうので、丁度留まっているいる事が確認出来るはずです。

ただし、上のエリアを7月終値で割れています。
この7月終値が重要で、これによって8月終値までに
再度下落する可能性が高いという事になります。
というよりも、27700円を割れているのでなのですが

そのような理由から現在8月5日は上昇しており、
私も売りをやめて安値で買いを仕込んだのですが
当然、各ラインに指値や急落に備えた売り逆指値を置いています。

8月は手薄になりやすい時期ですから、十分にお気をつけてお過ごし下さい。
いつだって再度下落出来るという事をお忘れなく。

それではまた。
※次の休みにでも?(笑)

素敵なお盆休みを。

提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。

0 件のコメント: