2016/03/04

現在の相場はリスク回避がキーワード。リスク回避の・・・

3月の市況(FX/CFD)

3月の相場分析第2回目。今日は市況を詳しく突っ込んでお話したいと思います。

一つ前の記事(ドル円)も関連していますので、ご覧になっていなければどうぞ。
http://info.3starters.biz/2016/03/3.html(やっと簡単になった3月の相場)

CFD(株価指数、先物など)を取り扱っていますので、FX単体よりも全体についてお話し出来ています。
そんな形でスリースタータードットジェーピーでは3年以上分析をお届けしてきましたが、
現在の状況は「以前にそれ」に近いものがあります。

そう。
リスク回避の金。

金相場

金対ドル週足3月3日
金対ドル週足3月3日
こちらのチャートをご覧下さい。
緑のライン、1226より上か下か?
それが今後の市況を判断する上で、最も重要なポイントだと考えています。
下は1000の安値、上は1400くらいまでが大目標、今は1200程度。

これより上か下か。

さて、以前から相場をおやりの方には懐かしい(笑)金買いが現在また再来しようとしています。
ドル円が激しく下落を続け、70円台まで届くようになり、その間、金はと言えば
買われて買われて1900ドルへ。

もちろんそんな大きな話をしているわけではなくて(笑)、ただ久々に買われたよ、という話ですが。

ただ、この金が買われて、円が買われる時。

それは、かの懐かしいリスク回避の匂いがしますね。

こんな時は、金相場を考える事をオススメします。

では、金ですが
1226の緑のラインというのは、下落から立ち上がった時の目標値です。
私は動画で会員様へ相場分析を配信していますが、その2月号では
金がこの目標値を目指している事をお話ししました。(年始だった可能性もあります)

何故金が買いだったのかというと、ドルインデックスが大きく下落するタイミングだったからです。

年始と2月の市況は
  1. まずは、原油の安値更新が市況を揺さぶる第一の出来事。
  2. 次に、それが落ち着いて、ドル売り。
  3. そして、同時に金の買い。

今は、金を買い、ドルを売り、円を買う。
つまり、特に安全とも思えませんがリスク回避の円買いと金買い。
この度合い、と戻りのタイミングが勝負を分けていると私は考えます。

ドルインデックス

ドルインデックス週足3月3日
ドルインデックス週足3月3日
これはドルインデックスのチャートです。
(このドルインデックスはドル対円、ユーロ、ポンド、オージーの指数です)

1月末に、これが下落するよ、とお話してよく下落した(笑)わけですが
一度立ち上がって、再度戻り売りポイントを作った後、再度売られています。

下落を止めている支持線を割れると、次の目標値があります。

12427を越えているか、下回っているか。
それが簡単な判断の方法です。

もしも高値更新も出来ず、12427を下回り続け、支持線も割れて
次の売り目標11813を目指すタイミングになったら・・・。

(ちなみに、前回の売りは予定通り38.2%までです。次は7割。)

その時は、ドル売り、円買い、金買い。
ユーロなども買われる可能性があります。ドルスイスは売り。

NYダウ

NYダウ月足3月
NYダウ月足3月
NYダウはこのように持ち合っています。
2月の下落で、安値を切り"上げ"、値を戻そうとしています。

売り目標自体は健在です。
ただし、持ち合うか持ち合わないかは自由ですから(笑)。
厄介ですね。

日経平均などは、丁度このダウが付けるはずの下落目標へ既に到達しています。

さて、このダウが買われている間は
ドル円クロス円は強く、同時にポンド、オージー、原油が買われる状況に
現在はあると見ています。
(ポンドとユーロはユーロポンドをご参考にされるべきでしょう)
(原油+ダウ→オージーへの影響は色濃く出ています)

持ち合い上辺に戻る、越える、持ち合い上辺から下辺に売られる、下回る。
たったそれだけの事でも、大きな影響力を持つのが米国株価指数。

ご注意下さい。

まとめ

まとめますと、
金と、ドルインデックスと、NYダウ。

この3つは最低限、見て頂く必要があるでしょう。

それにより、少なくともFXは今より簡単になります。

リスク回避か、それとも楽観か。

その懐かしいキーワードが「今になってまた、ぶり返しているな。(笑)」というのが、現在3月の状況です。
市況は変化しますので、原油→ドル→金と来たように、また変わるでしょうが
現在3月の状況として一度チェックしてみる事をオススメします。

詳しく実戦的な動画分析で観るには?

詳しい話は『月間展望3月号』でお話しています。(37分3秒)

ドル円、ユーロドル、ユーロ円、オージードル、オージー円、ポンドドル、ポンド円、ユーロポンド、
ドルスイス、ドルインデックス、NYダウ、日経平均、金相場について詳しくお話ししました。
  1. どこがポイントで、どこがターゲットなのか?
  2. 何のセオリーに基づいた展開なのか?
  3. 越えた場合/戻った場合、市況や考えておくべき流れなど

月間展望3月号

月間展望3月号は、勝ち方実戦編フリーパスプランで視聴出来ます。(毎月配信しています)
期限は特になく、一度ご参加されると継続して配信されます。ご興味があればどうぞ。

それではまた。

P.S.
月間展望3月号の追加に伴って、勝ち方実戦編フリーパスプランのメンバーサイト、
各市場の分析ページを全て更新しました!(チャートと文章で相場分析)
ご参加されているメンバー様は動画と合わせてこちらもチェックして下さい。
(動画/LESSON24『攻略~ユーロVSドル~』『月間展望3月号』は3月4日配信予定)
※4月はLESSON25『攻略~円VSドル~』、『月間展望4月号』を配信予定です。

提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。
コメントを投稿