2015/12/17

FOMCからのドル円の動き予測

FOMCで利上げ

今日は2015年12月のFOMCの翌日です。
17日ですね。
やはり12月に来ましたね!

という事で、きっとそうだろうと思っていたので、私大野も
夜中まで起きていて
分析を配信してみたり、トレードしてみたりしていました。

大した儲けにはなりませんでしたが(笑)、予定通りの動きをしてくれていて
FOMC自体、非常に簡単でした。ですが予定通りの小さな動きでがっかり。

ドル円が下がったところで買って、ユーロドルが上がったところで売るという、
まったくいつも通りのトレードをなぜか、夜中にやる羽目に。

今回、翌日に書いていますが
この分析にまだ続きがあるので、今のところ予定通りですし
もしかしたらこの通りに動く事があれば、
役立つのではないか?
そう思って、記事にしています。

FOMCが夜中4時ですが、その分析は2時半ごろ(FOMC前)に出したものです。
ドル円4時間足12月17日2時半
ドル円4時間足12月17日2時半

I think USDJPY is going to up to122.5,and it will go down to121.7.
If it isn't going to down to 121.4,up to123.9,finally.
But it's just fibonacci's one of theory.
https://www.tradingview.com/chart/USDJPY/1UiUCblm-USDJPY-s-FOMC/ 

と、こんな事を英語で書いていたのですがつまり、『上げてからもう一回押し目を付けて
更に上に行くんじゃないの?』
と言っています。(笑)

今はまだ、上値を付けて戻ってきているところなので
可能性はありますね。

こんな感じです。この記事を書いている今は、17日の17時です。
書いてすぐご覧になっていれば、役立つかもしれません。≪当たっていれば(笑)≫
ドル円4時間足17日17時
ドル円4時間足17日17時
そんなわけで、3割戻しで更に上に行くというセオリーはどうでしょうか?

  • 抵抗としては122.3。これ以下に下落出来るか。
  • そして、121.5より上をキープ出来るか。

これが、このセオリーが成り立つ上で、必要な条件です。



まあ、予想なんて当たるも八卦当たらぬも八卦。
ストーリーを立て、その中で確実になったな、と思えるところを取るだけなので
あまりお気になさらずに。

(笑)

こういう短期は特に配信して意味があるのか?と思いますが
FOMCで面白い!という事で試しに。


P.S.
それから値動きのストーリーを立てる時に
考えておかなければならない事があります。(ご自身で考える場合)

予測と違った時は、それ用に違ったストーリーを用意しておくべきです。

偉そうでごめんなさい。
ただ、どこかのラインをブレイクして流れが変われば、「そっちのパターンね」と
すぐに乗り換えられるかどうか。というのも、大事だと思いますよ。


今回ご提示したこのセオリー。

  1. ラインのセオリー的にFOMCでは上げる確率が異常に高かったので、下がったところで買った。
  2. そして目標まで行って折り返した。
  3. それ以降はまだ起こっていないので不明。
ただ本当にこの通りになりそうならどこかで入っていくかもしれませんね。
違ったらやらないし、
考えてある他のパターンにはまれば、それでトレードするかもしれません。


どのラインをブレイク出来るか?出来たか?

それが流れを決めているので(もちろん、他市場からの影響も大きな要素)、

重要なラインを意識しておく事で、今がどのような流れかはいつでも分かりますよ。

それではまた。

提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。
コメントを投稿