2014/06/25

予定通りの持合い相場

一言なら、持合い。

ワールドカップ中という事で、予定通りというか、
予想通りというか、面白くもない展開が続いております。
その状況を、一応、配信しておきます。
フィボナッチでのポイントはこのようになっています。(NYダウ・ドル円・ユーロドル)
dow0625
dow0625

NYダウ

ダウですが、17000台なのかどうかという手前のラインで持合い中です。
このチャートでは16683が一番のポイントになります。
前回もその辺りが押し目になって上昇しています。
まあそれはそうなるよね、という展開で前の記事でお話しした通りです。こちら
要するにラインを越えて、そのラインを支持線にして上昇したという事です。

現在のレンジ幅は、16720-16740が下のポイント。上はご存知の通り17000です。
その為に16990まで上昇して売られたりと、分かり易い相場展開になっているわけです。
随分ギリギリまで攻め終わったところです。
dow0625-2
dow0625-2
もう少し俯瞰して見るとこうなっています。
大台手前で目標値や抵抗線で抑えられたりと持合い気味なのですが、
本ターゲットはその上の17350-17400辺りだと考えています。
少し大きなスパンの抵抗線もその辺りを指しており、フィボナッチもそうです。
しかしながら、大目標は達成しているわけで
変なタイミングで値を崩される事も考えておくべきでしょう。
割れても良いラインと割れたら危険なラインがあり、
上昇も下落もそれぞれの目標を交互に達成しているわけです。
細かい足で目標は何ドルか、値位置を抜けたのかを把握しておく必要があります。

ザクッとそれで説明は十分かと思います。
後はタイミングを読むという話になるかと思いますが、
ご存知の通りワールドカップで世界中が盛り上がっている最中、
暴騰する・暴落するという事が起こり得るのかという事ですよね。(笑)
それはないだろう、つまり=持ち合うだろうと思って
配信を停止していましたが、その途中経過をこうして投稿しております。

という事で、
どのように持ち合っているのかを分かり易い例でご紹介します。

ドル円

ドル円0625
ドル円0625(4時間足)
ワールドカップ開催が6月13日の夜でしたが、開催前に102円辺りへ戻り、
その後笑えるくらいに持ち合っております。※現在6月25日です
この位分かり易くあからさまに(笑)
どうでもいい動きをしてしまうのが、オリンピックやワールドカップです。
配信する必要性がゼロだったのがお分かり頂けると思います。
ドル円0625-2
ドル円0625-2
フィボナッチを入れるとこうなります。
値位置から言っても丁度、持ち合う値位置に終始しています。
下抜けすると、これは分かり易い。101.279。
上は既に終わりましたが、102.325のラインが売られるポイント。

で、持合いなわけですから。
話は簡単で、抜けたら買えばいいという事になります。
抜けなければ、細かい足でトレードするしかないでしょう。
イベント・経済指標の有無・他の市場の動き・
細かい足での値位置算出を参考にトレードすれば難しくはありませんが、
値位置が狭まってきていますので、その点では抜けるまで難しくなってきています。

ユーロドル

ユーロドル0625
ユーロドル0625(日足)

最後にユーロドルですが、これも
大きく動いていないという事がお分かり頂けると思います。
ご覧のような持合いを形成しています。
1.369-1.37がまずは上値目標。1.36177,1.35430がポイントで、
1.35を下回ると1.34台前半に下値目標があります。

まとめ

7月14日の週からはトレンドが出る事も考えても良いのかもしれませんが、
それまではイベントごとの対処に終始しそうです。
特に大きなイベントは雇用統計が7月3日(木)。※7月4日は独立記念日です
そして7月9日夜中3時(7月10日)にFOMC議事録公表があります。

提供 by3STARTER.JP

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。
コメントを投稿