2017/11/06

年足で考える日経平均の今後。

年足チャートを見ておこう。

日経平均年足11月6日
日経平均年足11月6日
こんにちは。大野です。
相場分析も久々になります。最近は「デイトレード手法3完結編」の発売があり
忙しくしていました。

ですが、そろそろ年末。
この時期に考える事は年足としてどうなのか、です。
残り2カ月、頑張っていきましょう。

なお、この記事を書いたのは11月6日ですが、7日に面白い事が起こりました(笑)。
それについては文末に付け加えてあります。

上のチャートをご覧下さい。
日経平均の年足です。
今の状態は1990年の高値から2008年2009年の安値までの下落からようやく
中心の値位置に戻せるかどうかの瀬戸際です。
この値段は、チャートによって異なりますが22961や23127です。

23000付近。要するに、ここへ到達する事が出来れば
いつか暴落が起こった時にも14500辺りまでで留まる事が可能になります。
そして、19187や19319は抵抗になり得ます。
下落しても立ち上がり、
またいつの日か26000や26700を目指す事になるでしょう。

ですが、万が一到達する事が出来なければ。
今年の始値がある19055や19298をも割り込み、その後は最悪の展開になる事が予想されます。
ですので、何としてでも23000は一度は付けたい値段です。たとえ一瞬でもいいので。

その前の抵抗帯が19187や19319でした。
だから、何度も上値を抑えられたのが昨年と一昨年の値動きです。
しかし今年は、上ブレイクし、ついに23000付近まで上昇する事が出来ました!

昨年の終値はチャートによって色々ですが
上のチャートでは19114、違うチャートでは19055でした。
今年の始値も同じような値位置にあり、昨年一昨年の抵抗帯を
年ベースで越えているわけではありません。
よって、まだ今段階では到達するべき値位置に付けているわけではない以上、
23000ギリギリの値位置、特に22800付近では危険は伴うと考えておくべきでしょう。

現在は22500~22600。

この値位置でウロウロしているのにはそのような理由があります。

引き付けて売りたいと思う人間もいれば、何としてでも到達するだろうと考える人もいる。

あなたがどちらなのかは知りませんが、
少なくともその値位置の意味合いは十分に知った上で取引すべきだと私は思います。

ここまでが一番簡単なフィボナッチの考え方です。
次に月の目標値に移りますが、これだけでも2年間も年の終値を抑え続けるほどの
力がフィボナッチにはあるという事も覚えておいて下さい。

日経平均の月目標値11月

上の目標値を3つ出すなら、22411,22812,23413となります。
買い支えになる値位置は21841,22010,22212です。
下の目標値は21612,21241,20640です。

日経平均のこれまでの値動き

ちなみに、また別の手法にはなりますが
今年強い抵抗になったのも
フィボナッチの値位置18477です。

昨年末にこの値位置をブレイクしていますので
5月までは持ち合いながらも下回る事が出来ませんでした。
そして、年間の値動きとして抵抗となる19670をブレイクしましたので
現在の上昇があります。
今年の年目標は20063,20564,22010,23457,24351です。

ですが、2014年の終値では18477をブレイク出来ませんでした。
よって2015年の終値は冴えない値動きとなりましたよね。

2015年の終値として、ついにこの値位置18477を上ブレイク。
2016年は下落していたはずなのに下落から立ち上がった値動きは
記憶に新しいのではないでしょうか。

2016年12月の終値で下落から立ち上がり、18477を上ブレイク。
この2016年の終値とはつまり、今年の始値。
この時点で完全に18477ブレイクと言えるでしょう。

その手法による目標値では18477の次は22872です。
もうすぐですね。ちなみにその次の目標値は25588です。

手法のまとめ

ざっと5つの手法をまとめて書きましたが、
と言います。

色々ありますが結局は勝ち方実戦編フリーパスプランに全て入っており、
そしていつまでも元気で配信出来るとも限りませんが(笑)今のところは
毎月毎年、もう3年半以上私が相場分析を動画で配信しています。

最悪のケースと最良のケース

以上の事から、最悪のケースはお分かりの通り
22872へ到達後、22961も23127も付ける事は出来ず
下落し、19187を下回る事です。

3年連続19187を上ブレイク出来ないとなれば絶望的ですし、
現在の値位置をキープしても来年23000に乗せる事が出来なければ、
やや可能性は薄いと言えるでしょう。

望ましい展開としては、今年中に23000に乗せる事です。
しかも終値が23000台ならなお良いでしょう。
一瞬であったとしても、23000台に入ればいずれ27000台へ上昇する可能性が出てきます。

その時の中心は23000。
安値圏とは14500~19000の事。高値圏とは27000~31500の事。
中心は19000~27000という安定した株価指数の値位置が完成するというわけです。


ここから数年、数十年先。
絶望的な値動きを望むのか、それとも
安定した値動きが訪れるのか。

もちろん、下落する年も上昇する年もあるでしょう。
しかし平均レート23000で落ち着くとすればそれほど悪くはありません。

23000に届く事を私も、皆もきっと願っているはずです。

それではまた。

P.S.6日にこの記事を書いて公開しておいたところ、7日。
予定していた23000付近まで22600から上昇しました!
美味しい値動きはすぐに埋まってしまうものです(笑)。

これを書いている時点では22950辺りです。

これでブレイクしてきた値位置、14500や19000なども
サポートとして機能し、今後数年、数十年と7000を割る事無く
順調に推移してくれる事を祈ります。

あくまでフィボナッチのセオリーではありますが、
とりあえず現状、悪くはない展開となりました。

次回は、ドル円について。お楽しみに!



提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。
コメントを投稿