2016/09/21

もしかするとユーロドルがチャンスかも。

ユーロドル

今日はユーロドルについて。
パラリンピックも終わりまして、FOMCが今晩あります。
そろそろ動き出しても良い頃かと考えています。


ドル円はパラリンピック中、予定通り持ち合いでした。
ユーロドルも行って来いの相場展開が9月前半。

今後の動きを様々な角度から考えてみましょう!
 
ユーロドル月足
ユーロドル月足9月
 ユーロドルを月足で見ると、持ち合いではあるのですがチャネルが二つ引けます。
週足で見てみましょう。

ユーロドル週足9月21日
ユーロドル週足9月21日
 もしもこんなトレンドラインが引けたとすると、チャネルに沿って下落しがち。
持ち合いながら、それでも上げ↑下げ↓と流れが見えます。

ギャンファンに支えられているようですが、ブレイクしてしまえば
割と大きな下値余地があるようです。

ユーロドル月足
ユーロドル月足
月足を違う観点から見てみるとこうなります。
この枠のエリアで持ち合いです。
持ち合いを継続するか、または・・・。

このチャートの週足を見てみましょう。


ユーロドル週足9月21日
ユーロドル週足9月21日
このエリアで持ち合うか、またはチャネルに沿って下落するように見えます。
少なくとも今は持ち合い上辺に位置し、高値を切り上げない限りは
危険なようにも思えますが、では少し拡大してよく見てみます。

ユーロドル日足9月21日
ユーロドル日足9月21日
 日足で見てみると、このような三角持ち合いが形成されている事が分かります。
という事はどんどん値幅が狭まっていき、チャンスとは言いましたが実は(笑)
小幅な値動きだと分かりました。

現在はこの、細い赤色の支持線をブレイクしている状態です。
しかし下落したとしても、予め書いたラインのように買い戻されて、
最終的には動かなくなる可能性があります。

ただ、少なくとも直近の売り目標はその三角持ち合いの下辺。
そして、全体的な持ち合いの下辺にあります。

ユーロドル日足9月21日
ユーロドル日足9月21日
三角持ち合いも、いずれブレイクされた場合は、次は持ち合い下辺へ。
それもいずれブレイクされれば、安値付近です。

さてどうなる?ユーロドル。


それは分かりませんが、売り目標があり、ラインをブレイクしていて、
まだ反発するラインにぶつかっていない以上、今のところは売っています。

後は、今晩のFOMCでどうなるか?
そして、米ドル自体はどうなのかにもよります。

ヒントはありますので幾つか載せておきます。

ドルスイス週足9月21日
ドルスイス週足9月21日
ドルスイスは、細かな持ち合いに位置しています。
そして、少し大きな枠組みの(とはいえ小さいですが)持ち合いの中でもあります。

薄い色で描いた、細かな持ち合いは抜けられるのか?



ドル円日足9月21日
ドル円日足9月21日
ドル円は三角持ち合いの支持線にぶつかっています。
反発するのかブレイクするのか?

これらが良いヒントになるでしょう。

それではまた。


提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。
コメントを投稿