2015/09/30

かなり大きなポイントに差し掛かって来ていますね

動かないのは・・・

現在の相場状況ですが、動きませんよね。
実はかなり大きなポイントに差し掛かっていまして、
決定的な事項も出てはいるのですが支えられたりしてはっきりはせず
やはりまたレンジへ。
そんな流れになっています。

前回の配信から、未だに変化なしという状況です。
大きな動きへの前触れという事で捉えておくのが良さそうです。

それではいつもの通りラインで解説してみます。

ドルインデックス


まずドルインデックスですが、月足で見てもかなりの高値です。しかし、支持線を割れるのか
高値を越えるのかによって大きく値動きは変わってきますよね。
ですので、もう何か月もこのままです。
もうほぼギリギリ最高値手前。そろそろ決着が付きそうです。
これが週足。12036は終値で上回ってきましたが、高値を越えられないようであれば
やはり駄目だろうし、じれったい状況です。

NYダウ

NYダウ月足
NYダウ月足

NYダウ週足
NYダウ週足
NYダウも先月は支持線を越えて終わりましたが、今月はどうか。
今日は9月30日水曜日、現在午後14時です。今晩はADPがあり、金曜には雇用統計があります。
ただ、金曜はもう10月です。
ADPで16500よりも上、16600程度まで上昇しなければ、少なくとも支持線は越えられなかった事になりますね。
10月になってから上昇しても、月初めに上昇して後から売られれば
ただの陰線になってしまいます。
その点も踏まえて、状況を判断したいですね。

以上がドルの動きと、アメリカの株価指数代表(と言って良いかは分かりませんが)として
大きな流れをご参考頂くとして、FXの代表(日本人にとって)を解説します。

ドル円

ドル円月足
ドル円月足

ドル円週足
ドル円週足
NYダウと似ているのですが、121.7辺りが支持線越えをするためには必要な値位置です。
ADPで越えなければ、支持線割れ決定。
ただ、その下の支持線には支えられています。これはダウも同じで、と思いましたが(笑)
逆ですね。前回もうすでに一つの支持線を割れている事をお話ししているようです。
NYダウ月足前回
NYダウ月足前回
ドル円は支えられています。後は赤い線で引いた支持線を越えられるのかどうか。
NYダウもドル円もです。そして、ドル円は下の支持線と、ポイントになっている115.5
は守れるのか?という事になります。

ユーロドル


ユーロドル月足
ユーロドル月足

ユーロドル週足
ユーロドル週足
ユーロドルは前回からこれもまた動いていませんが、少し太い線で描いた抵抗線を越えるのか越えないのか。今は越えていません。同時に長期の0.236ラインに終値を残す事も出来ていません。
どれか一つでも成功すれば可能性は出てくるのではないかと思われます。

そしてユーロドルが戻すという事になれば、当然ドルは相対性に売られているわけですから
ドルインデックスも下ブレイクする可能性が高く、そうなるとドル円も危ないですよね。
株価がどう動くかにもよりますが。

その超えた場合の目標が1.2付近になっているよ、というのが前回書いた事です。
今回はクラスターを出してみましたが(笑)、やはりなっていますね。

ただ!
どれにも言える事ですが、この状況は
今までの値動きが戻るか、または
継続するかの瀬戸際なのです。
だからこそ、動かないのです。

行くか戻るかの瀬戸際。簡単に言うならば。

今のが戻る話。

継続というのは「もう少しずつ値幅がどの市場にも残っている」という事です。

ダウでは18500~19000辺りだし、ドルインデックスは12300辺り。
ドル円は128.5辺りが次の目標値。
もちろん、原油とかオージードルなども少しずつ残している。

※オージードルはなぜか対ドルなのにドルインデックスと同方向に細かな値動きが動いてしまっていますが(笑)。原油も似た動き。この二つはもしかしたら大きな下落が起こった時に一番おいしいかも知れません。ユーロドルとは値動きの意味合いが少し違って来ています。

さて、どうなることやら。
それは分かりません(笑)。
取りあえず、終値はどうなるのか注目しましょう!

ではまた。

P.S.落ち着いたらまた動画の相場分析でも撮ります。
最近はデイトレード手法教材の作成(完成している)のために
細かな値動きばかり見ているので、分析配信レベルの大きな値動きと
頭の切り替えがうまく行っていないので。
今日のブログは奇跡です(笑)。
もう終わりましたので、戻ってきます。



提供 by3STARTER.JP

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。
コメントを投稿