2015/01/14

ドル円の動きに関して(1/14)

現在のドル円

今日は1月14日。ドル円は117円を付けています。
こちらのチャートをご覧下さい。

ドル円日足1月14日
ドル円日足1月14日
前の記事で120.03と117の間の持合いだと書きましたが、その下辺にいます。
要するに、116円台半ばに引いたラインや115円台の安値(と115.687にもラインはあります)
を割れる前に抵抗になるところがこれらです。

そして、割れた場合は114円台に二つのラインがありますが、
ここが最終ストップとして機能するはずですので
113.5を付けなければ、それでも問題なしと言えるでしょう。

117円台へ戻れるのであれば、持合い。
115円台の安値を割れれば押し目を付けに。
それすら割れれば、かなり深い押しになるでしょうが書かないでおきます。(笑)

願わくば117円台復帰するセオリーですが、
願っても仕方がない事でもあります。
と言いながら私は売っていますが(笑)。

では今日はこの辺で。
ドル円トレーダーがこの下落で不安になっているのかも、と思ったので書いてみました。
値位置目標は重要で、割れなければ戻り、ブレイクすればその下へ。
単純な事です。
笑えるほど単純ですが、ただそれだけです。
正確にさえ、目標を出せればそこまで買うだけです。

おまけ。

終わりにしようと思いましたが、
短すぎるきらいがあるのでユーロについて。

こちらのチャートをご覧下さい。

ユーロドル30分足
ユーロドル30分足
ユーロドルはドル円とは逆にこんな形で底打って上昇しています。30分足です。

言いたいのはライントレードをなめるなよ、という事です。
ライントレードは使えないなんてことを時々言う人がいますが、
このような形で買えるのはライントレードしかないと私は思います。
ドル円も数日前の日足の頂点で売っていますが、
30分足の場合もこのようなリスクリワードの良い、
『小さな損切りで大きな値幅を取れる』というトレードが出来るのがライントレードです。
もちろん、トレンドラインを引けるだけではダメでしょうが。(笑)

フィボナッチとギャンを使えばいつでもこのような事は朝飯前になります。
そしてチャンスはかなり多いと言えます。

こちらをご覧下さい。丸の部分が全てトレードポイント(エントリー・エグジット)です。

3つ目の押しで買っているように見えますが、
最初の底値でも買っています。結局戻ってくるはずなのでその前に利食いをしています。
この時、ドルスイスも同じようなポイントで売っています。この逆パターンですね。
ライントレードは使えますので、お間違えなく。

これを書いている時点では
目標で利食いし、ドテンしています。主な理由は時間
そしてドル円等々が目標に達していますので。反転するタイミングです。
当然、ユーロドルとドルスイス、その後の暴騰と反落も獲れています。
ドルスイス15分足。ここで売る理由は抵抗線だけではなく、
前もって売り場になる事がフィボナッチによって分かっているから。

反転後の次なる目標はこんな感じ。

※この目標については引き直す必要があります。
今現在の事なので申し訳ありません。
ユーロドル

ドルスイス


損切りは小さく、利食いは大きく。トレードは豪快にいきましょ。
ではでは。
また。

提供 by3STARTER.JP

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。
コメントを投稿