2018/07/28

上昇最終局面の可能性がある

ここからは注意が必要!

今日は相場の注意すべき転換点についてお話しします。

お久しぶりです。大野です。
やはり今注目すべきはアメリカの株価指数ナスダック。
先日の反落の話からしていきましょう。

ナスダックの反落に注意すべき

ナスダック4時間足7/28
ナスダック4時間足7/28
先週木曜日に窓を空けて始まり、金曜日に下落しました。
ナスダック週足7/21
ナスダック週足7/21
これが前の週終わりの週足チャートです。この値位置で始まっていますから翌週(先週7/23-27)は上の4時間足チャートのように終値ベースで反落しています。

このナスダック市場は、このあたり7500ポイント台が年の最終目標になっています。
よって、7500へ到達後、大いに反落したというわけです。

もう少し7573への上昇は考えられますが、
ここからは十分に気を付けていきましょう。
上昇してもしなくても、この先にあるのはリスクだけかも知れません。

アメリカの株価が下落したらどうなるか?
よくご存じだと思います。

ドル円6日で50万

ドル円は113円台から下落しています。私は当然天井から売っていますが
最初の2日で30万、残りで20万程度は利益を出しています。
この相場は数百万はいけそうな気がしています。

ブリーチの劇場版を観ていたら下落が伸びに伸びて200PIPS程度、後は持ち合い相場でした。映画が2000円程度ですから、そうやって何かしている間に元が取れるのは嬉しいですよね。
ドル円日足7/28
ドル円日足7/28
これが週終わりの日足チャートです。
来週はビッグイベントが目白押しですので、お気を付け下さい。

ドル円も6月最終日がある値位置が、年の目標値のブレイクならず。

よって、「110.2台辺りまで、最後の希望を打ち砕くべく(笑)下落した後に
イベントへ向けて上昇する」という可能性も
視野に入れておくべきではないでしょうか。
ドル円週足7/28
ドル円週足7/28
週ベースではトレンドラインに抑えられています。
フィボナッチは「最終的にはこの引き方がおそらくぴったりくるのではないか?」と考えています。もちろん、この値位置から上昇出来るなら状況は変わります。

戻りは2週前の安値割れを考えつつ、買う必要があります。

ドル円4時間足7/27
ドル円4時間足7/27
これが私の売買の様子で、4時間足です。
天井には重要な年の目標値が幾つもあります。前にお話しした通り、
「113円台の高値は半年足で切り下げてきているため、越えにくい」というメッセージが伝わっていたのなら、同じく売っているはずです。

最後の安値からの上昇時は、ある会員様のご紹介により
他の会員様と、証券会社の代表の方に会っていました。
ありがとうございました。

会合の前ギリギリまで最後の上げを取るべく、実は買いを仕込みまくっていたのは
大変申し訳なく思っています(笑)。

色々とためになる話をお聞かせ頂きましたが
(証券会社の裏側についてなども)
私は上記の説明をした後、「天底で両建てする方法」についてお話ししました。

天底両建て戦略?


天底は毎日分かりますし、実は簡単に取れます。
そして、一度喰い付いたら、釣り針のように、こちら離す気になるまで
延々と値幅を広げられます。

例えば、10売ったら底で5利食いして10買う。上がったら5利食いすると
完全な両建てになります。ブレイクしたらその方向へ枚数を増やします。
一方のポジションが消え、値幅は伸びます。

面白いですよね(笑)。

この記事の読者様もやって頂いたら良いのですが、
天底が分からないと出来ないのでお気を付け下さい。

分かってたとしても、「ストップ狩りもあり得る」ので注意しましょう。

上のチャート(楽天証券)では残っていますが、最後の金曜日の下げを売る時に
クリック証券では"あるはずのない上髭"で売りポジションを消されています(笑)。

とはいえ、基本的にトレードは安全に進めて行きたいと考えています。
そのための一つの方法が『天底両建て戦略』です。

6日で50万と言いましたが、100万ずつ計200万しか投入していません。
資金管理のルールをほぼ順守していても、ちゃんとやればこの位はいけます。

詳しいやり方は
フリーパスプランで動画にして配信しておきますので
メンバー様には改めてご連絡致します。

また驚いたのが、お二人の会員様が当プランで
毎月無料配信している『月間展望』の存在を知らなかった事です。
視聴者数が少ないのは変だと思っていました。

※8月も月間展望を配信しますから、
フリーパスプランのメンバーサイトからご覧下さい。
(メンバー様限定のサービスです)

おまけ(金とナスダックの天底)

金相場7/21
金相場7/21

金相場7/24
金相場7/24
金相場だとこのような形で、同じく天底を取っていきます。
出ているラインは平均レートです。(チャートはクリック証券のもの)
ナスダック7/19
ナスダック7/19
ナスダックもあります。動画「天底の取り方」はお楽しみに。
「DAYTRADEシリーズ」として後日配信予定です。

それではまた。


提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。
コメントを投稿