2017/09/04

月初のドル円。雇用統計からの流れ

9月のドル円は瀬戸際!?

9月に入りました!今月も相場分析をやっていきますが
今日はドル円についてです。

9月1日が雇用統計でした。2日3日の週末を挟んで4日の月曜日は
窓を開けて下に飛んでいます。
雇用統計については他の記事で詳しく書きますので、簡単に。

今日はその後の流れについて目標値などをお話します。

ドル円1時間足
ドル円1時間足
 まず、1日の雇用統計はオレンジの線を引いたところで指値逆張り。
これらが掛かり、利食い。週最後の終値辺りで、売り仕込み。
先ほど利食い。(しかし…。続きは下へ)

私の場合はこんな感じです。
そう考えるトレーダーが多かったのでそうなったのでしょう。
ドル円30分足
ドル円30分足
 続きですが、今のところは最終ターゲットではもちろんありません。
面倒なので利食いしただけで、ターゲットは2つ。
109.15辺り。

もう一つは108.6(~108.9)。
これはかなり安値ギリギリです。

基本的には109.15には付けないと、上昇出来ないと考えています。
今日の夜はアメリカ市場がお休みのようなので、少し厄介ですね。
大して動けないのではないでしょうか。
ドル円週足
ドル円週足
週足で見るとこうなっています。
この安値を割れるなら、持ち合いの下抜けを考える必要があります。
正確には、108.123を割れるなら危険です。

戻れた場合ですが、三角持ち合いなので
予定としては今週なら最高でも111.3まで。
今月で、112.3までと予想します。

その瀬戸際にドル円は位置しています。
持ち合いに戻り、いずれ動かなくなるような値動きか?
それとも、じりじりと下値をブレイクしていくのか。

基本的には戻ると考えています。
しかし、下記のポイントが重要な判断基準になります。
それ次第で、タイミングも方向も変わります。

週末の間に考えていた事

さて、週末の間に動画にして会員様に既に伝えてある事ですが、
ドル円には下落リスクがありました。
私は売りを仕込んでいたくらいですから、分かり易い週明けの下落です。

何が理由でしょう?

ポイントは、「金相場」です。
金がどうだったら何だというのか…。
そして、
日経平均1時間足9月4日月曜日
日経平均1時間足9月4日月曜日
同時に日経平均とNYダウも下落しています
当然これも売りを仕込んであるので、利益になったわけですが
何を見ていたのか?

詳しくは動画をご覧下さい。

『月間展望9月号』はテイク1とテイク2があります(笑)。
ドル円、ユーロドル、日経平均、NYダウ、金相場について。
両方を合わせて50分位の動画です。

『月間展望9月号』ドル円ユーロドル株価指数金
『月間展望9月号』ドル円ユーロドル株価指数金パート1と2
週末の間にご覧の方は今最も注目すべきポイントが
良くお分かりのはずです。一か月の展望ですから、当然まだ役に立つはず。
この動画は勝ち方実戦編フリーパスプランのメンバー様のみが視聴可能です。

もう何年も毎月お届けしています。
昔の動画は全く覚えていませんが(笑)続けられる限り、毎月お送りします。
500名限りのプランなので、お早めにどうぞ。


そして、もう一つ。
雇用統計の取り方を動画にしました。
一番上のチャート↑の売買手法です。

詳しくは別の記事で書きますが、
デモ動画は先にご覧に入れます。デモ動画はこちら

雇用統計もパターンが幾つかあり、どちらかを判断しないと
手法自体意味がないので、それが分かるようになるには
流れやセオリーをよく見ておく必要がありますね♪😀

それではまた。

提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。
コメントを投稿