2017/07/21

ドル円を大きな目で見てどうか≪詳しい解説≫

現在の相場展開は想定通り

ドル円相場について、今
よく考えてみてほしい事があります。
昨年末にお話しておいた
「2017年のドル円相場は持ち合いになるだろう」
という話が現実となったわけですが、それには理由があります。

ドル円相場月足
ドル円相場月足
ドル円を大きな目で見ると、著しい持ち合い相場。短期売買または、天井底での逆張り推奨。 
過去記事と概要もご覧下さい。今現在の111.7付近は、ど真ん中です、実は。
(2016年12月10日)

さて、その持ち合いになっている理由ですが
簡単に言えば、高値の切り下げと安値の切り上げ。
そして、フィボナッチです。

値位置として、大局を見ると完全にど真ん中です。
持ち合いになるのに、最もふさわしい値位置。
それが、正確には111.659付近。

次のチャートも見て頂きましょう。
月足の一番右のフィボナッチは7月の目標値です。
左のフィボナッチが1998年からの長期。真ん中は2011年からのものです。
ドル円相場月足
ドル円相場月足
ドル円相場週足
ドル円相場週足
こういう時、どうしたら良いか?
天底で売買するか、または短期売買をするか、です。

持ち合いというのは、抜けるまで
上げては下げ、下げては上げます。
つまり、底で買い天井で売るという事が簡単に実現します。

ただ、ここまで値幅が収縮してくると
取れる値幅は少なくなってきますが。

ですのでここからは特に、デイトレードや週ごとのトレードという、
短期売買が今の相場展開にふさわしい売買スタイルだと言えるでしょう。

持ち合いでトレンドを狙っていると、無駄な損失を出しがちです。
利食いとポジションコントロールが重要になってきますので
その事をお伝えしておきたいと思い、この記事を書いています。

この記事の公開は21日ですが
書いているのは20日(木曜日)です。週と日の目標値がこちら↓
ドル円4時間足
ドル円4時間足2017/07/20
112.588-111.714の間をまず来週は意識すべき。
かつ、今週の下落が止められた年目標値である112.3と
112.868を見ておいて下さい。
と前回の相場分析「来週のドル円と、今週の展開」で書きました。
だから、今週は112.869まで上がって、111.7付近から
現在はこうして112.3まで跳ねているわけです。

112.868➡111.7➡112.3
値位置が先週から分かっているので、
それをトレードに活かさない手はないですよね。

それぞれが利食いポイントとなります。

持ち合いにおける短期売買では、的確な利食いをして
ポジションコントロールをしておかないと、
無駄なリスクを負う事になります。

こうやって、週の目標値を出しておいて
買いながら目標値に到達したのなら売る。
枚数をコントロールしながら。

欲張らずに利益を確定し、
有利なポジションであれば上のチャートのように残しておく。
そういった売買を繰り返していくと、特に不安になる事もありません。

※ポジションコントロールについて詳しくは下記をご覧下さい。

日経平均だと
日経平均日足
日経平均日足
こうして年目標を出しておいて、
安値で買いながら、買い増したりもする。
これも枚数を変えながら。

例えば、デイトレードの目標などで利食いして
リスクを軽減しておく。
持ち合いでは、抜けない限りは戻るからです。

そうやって欲張らずに売買すると
トレードは比較的安全に運ぶ事が出来ます。

特にドル円相場は長期的に持ち合い。
という事は、よほど一つ一つを大事にしたいところです。

とは言え、上げても戻り、下げて戻るなら
『獲り逃した!』と、(笑)
気に病む必要は全くありません。

以上、2017年後半も頑張っていきましょう!


【手法についての補足】

■ご自身で目標値を出せるようになりたいという方は
■通常のフィボナッチ手法は、お値打ちな教材もあります。
これらは期間を特に問いませんので、短期にも長期にも使えます。
■デイトレードの目標値だけであれば
大野が考える現在最強のデイトレード手法1」と2という教材もあります。
この「デイトレード手法2」が一日の目標についてですがあと一つで売り切れ。

※デイトレード手法の完売後は勝ち方実戦編のみで教えています。個別レンタルプランもあります。LESSON22,23,29は特に必見!
※デイトレード手法1はフィボナッチを使わずに、スマートフォンでも売買可能になる画期的な方法です。

【ポジションコントロールについて】

ホームページにて
持ち合い相場こそチャンス!」が同時公開されています。
ポジションコントロールやエントリーなどが学べます。

それではまた。

来週も、またいつものように
週ごとの相場分析をお届け予定です。

※前回の記事でNYダウや金について教え過ぎたために一部カットしました。
そのため、今回の通信では公開版が同時配信されています。ご容赦下さい。
以前のバージョンは過去のメール、バックナンバーでご覧になれます。

提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。

2017/07/15

来週のドル円と、今週の展開

今日も相場分析いってみよう!

3連休ですね。私の住む名古屋も花火があったり、連休を満喫したいところだと思いますが
週末に相場分析をしておきましょう。これをやっておくとやらないのでは、来週のトレードは違ってきますよ。

まとめから入りますのでご安心下さい。
【今日の市場】
復習…NYダウ、日経平均、ドル円、ユーロポンド、ドルインデックスなど
来週の目標…ドル円、日経平均

NYダウ

NYダウ月足
NYダウ月足
NYダウのこのチャートは日曜コラムで利用したものです。

また、前回の相場分析はこちら(7月12日)

今週前半は持ち合いが続いていました。
そして、期待通りの展開が!
後半の経済指標で跳ねまして、目標へ到達しました。
日経平均は付いて来なかったのですが(笑)、他の米国株価指数はしっかりと同じく上げています。
ナスダック月足
ナスダック月足
ナスダックがいいよ、とお話しましたが5555ラインで支えられているから。
そして、現在高値付近へ。上の目標値は5932。
ただし今月の目標値自体は先月高値手前までしかありません。

S&P500は今の値位置近辺に年目標はなく、月目標のみ。
今回は省きます。

日経平均はまた後で。
これらの株価指数の値動きはとても重要です。
株、為替ともに影響を及ぼしますのでチェックしておいて下さい。

金月足
金月足
金は1209のラインからの反発を話していましたが、1220ラインもブレイク。
さて、この動きが重要です。
特にドル円がこの金相場とドルインデックスを見ておく事で対応しやすくなります。

この青いライン(金月足)へ戻そうという値動きでした。1228.23、年目標の一つです。
週終値は1228.53。この場合、次の上値抵抗は1238ですね。

ドルインデックス

ドルインデックス月足
ドルインデックス月足
前回の配信で、最終ラインを割れると大変な事になるので十分注意して下さい、とお話しましたが、これによりドル円は下落しましたね。そしてユーロドルは再度下落から上げに転じました。

何を言っていたかというと、月足がこのように下落に転じますよ、という話です。
これが週終値です。
ドルインデックスは最終的に11000台が目標になっており、もちろん戻しもあって良いのですが、順調に下げ続けています。
ドルインデックス日足12日時点
ドルインデックス日足12日時点
12日配信のチャートで、最終ラインとは12119の事。
上のチャートとはレートが違い、また正確にtradingviewでは値位置が出せないのでずれていますが、最終的にはブレイクしているでしょう。
最終ラインで一回抵抗になっていたタイミングではユーロドルは下落、ドル円は上昇していたはずです。
その辺をよく見ておく必要があるという事です。

さて、このドルインデックス。
5か月連続陰線なのですが、どこまで順調に行けるのでしょうか。
また来週もチェックしましょう。

ユーロポンド

ユーロポンド日足
ユーロポンド日足
前回の配信で、ユーロポンドが目標に達したので下落という話をしましたが、さらに下落しまして週終値でこの状態です。

この逆張りが出来るのは、私の手法を知っている人だけだと思います(笑)。
誰も知らない、という事は簡単に行くという事ですね。
今週の一番簡単な相場展開ハイライトでした。
ユーロポンド週足
ユーロポンド週足
週と年の目標値が抵抗になり、下落。
月の目標値まで下落し、年の目標値下ブレイクです。

ドル円

ドル円週足
ドル円週足|来週の目標値
ドル円の目標値はこうなっています。
来週はこの値幅を意識していきましょう。

ドル円日足
ドル円日足
これまでの流れは、まず今週の目標値で下落、ダウが目標に達して(21575)、ドルインデックスが弱く、金が1220を上ブレイクしたタイミングで113円台からさらに下落。


つまるところ、これは月目標と年の目標値に阻まれたという事です。
ドル円月足
ドル円月足
112.868より上か下か?という話を前にしましたが今は下にあります。
112.588-111.714の間をまず来週は意識すべき。

かつ、今週の下落が止められた年目標値である112.3と
112.868を見ておいて下さい。

日経平均

日経平均週足
日経平均週足
日経平均週足で、来週の目標値はこうなっています。
来週も持ち合いか?

この場合、来週も
20095-19940が意識すべきラインになります。
そして、19827と19784が大きな抵抗。
とても残念な展開です。
もしかすると、まだ月終わりではないので
チャンスは月後半か?

よく見ると、先週の安値19840は19827を付けたわけではないので、そこ(19827と19784)を下ブレイクしなければ、20500辺りが月後半のどこかのタイミングで狙えるかもしれませんね。

P.S.20045も年目標の一つ。
ここへ戻したかったようです。週終値が丁度。
この目標値は19784,20045、20542となっています。

という事は、20045より上か下か。
そして、月の持ち合いエリアである20095-19940をどちらへ抜けるか。
この2点に注目すれば良い、となります。それほど難易度は高くありません。

とりあえず、今日の分析はそんなところにしておきます。
続きは週明けてから、考えていきましょう。



これらの手法が学べるのは
勝ち方実戦編フリーパスプランです。
7月末まではお値打ちとなっています。


それではまた。

提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。

2017/07/12

こんな時はデイトレが一番。

今日は株価指数を中心に。

今晩は。大野です。
今日は、まずは株価指数をやっていきましょう。
7月4日の配信内容が良かったような気がしています。
というのも、金相場についても言及しているからです。

金とドルインデックスも見ておくと為替についても理解が深まるはずですよ。
全体の流れを通して、色々と考えていこうと思います。
【今日の市場】
  1. NYダウ
  2. 日経平均
  3. S&P500
  4. NAS100
  5. ドルインデックス
  6. ドル円
  7. ユーロドル
  8. ユーロポンド

NYダウ

NYダウ4時間足
NYダウ4時間足
まず、7月10日の記事では今週は小動きが予想される、というような事を書いたのですが
これがNYダウの4時間足です。小動きですよね(笑)。
こうなると、どうしようもないというか
為替でデイトレでもしておいては如何ですか?
というご提案でした。(10分で書いた記事でした。すみません。)
7月4日の記事では月初という事もあり、色々と書いてあります。

上のチャートが今週を象徴するものですが、
上下に週目標はあり、達成し戻るという展開が続いています。
続きは日経平均の後で。

日経平均

日経平均日足
日経平均日足
アメリカの株価指数に影響されてか、日経平均も小動きです。
それらと比べると、これでもかなりマシな方です。(笑)
ですが、目標値がとにかく狭いので、現在水曜日ですがまだこんな具合。

後半に期待はしたいですね。
経済指標も後半はコア指数などがあります。

株価指数まとめ


日経平均月足
日経平均月足

NYダウ月足
NYダウ月足

ナスダック月足
ナスダック月足

S&P500月足
S&P500月足
 月足で見ると、日経平均月足やナスダックは今の状態は悪くはないです。
ですが、NYダウやS&Pはラインに捕まっています。
NYダウは21575へ少し足りていないのが救いではありますが
その上はというと、22000近くの値位置。
そこまで到達出来れば良いが、ここまで上げ続けてきた相場なので
危ういのは確か。という事で、このように小動きになっているわけです。

 金

金週足
金週足
金相場の週足がこうして跳ねているので、ドル円は昨日から下落しているとも言えます。
月間展望7月号では、1209辺りまで下落して来た時に注意して下さいね
とお話しました。この状態の事を言っています。

幸いにも、1220に今週は抵抗が一つあります。
そこもブレイクされたら残念な事ですが、とにかく
金相場は為替には役に立つので是非チェックして下さい。

ドルインデックス

ドルインデックス日足
ドルインデックス日足
ドルインデックスの年、月、週の目標値です。
今は月の12127と12162の間。下落して来ましたが反発しましたので
このタイミングでユーロが一回弱気になっているというのが水曜18時頃の現状。

この週目標値も見てみて下さい。狭いですね。
これ故に、大した動きは期待出来ませんが
上の方には先月からの抵抗もあります。(抑えられたところです)
また、一番下のラインを下抜けると大変な事になりますので、
十分ご注意下さい。
※目標値からして、週というわけではないでしょう

最終ラインを下抜けずに、反発している間は比較的安泰です。

ドル円

ドル円日足
ドル円日足

ドル円週足
ドル円週足
ドル円の日足の値位置が、比較的狭いエリアで、上目標を達成して現在下落中です。

週足を見ると、年と月の抵抗に抑えられているのが分かります。

とても分かり易い相場でした。



ユーロドルとユーロポンド

ユーロポンド日足
ユーロポンド日足

ユーロドル日足
ユーロドル日足
ユーロポンドが週目標値に到達し、下落しているのが現在の状態です。

ユーロドルは下落から一度立ち上がりまして、ユーロポンドにつられて
反落中です。


以上ですね。
長くなりましたが、お役に立てれば幸いです。

それではまた。


提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。

2017/07/10

ドル円・ユーロドル、基本的な目標自体は狭いがどうか

目標自体は狭い。

今週は目標自体は狭いので、短期売買を基本に考えてはいますが
ブレイクしてくれないかな(笑)と淡い期待を寄せてはいます。
そんなドル円とユーロドルをやっていきましょう。

ユーロドル日足
ユーロドル日足

ドル円日足
ドル円日足

こんな具合になっていまして、ドル円が目指しているのは確かに115円台半ばなのですが
1つのラインに捕まっているのも事実。
ユーロドルも週足が切り下げになっており、今日も売り優先に今のところなっています。

ユーロは窓も空いています。
目標値をすっぽ抜けて、下落してくれないものかと淡い期待は寄せていますが
どちらも小動きというケースは十分に考えられるので
それなりにやっていきましょう。
今日は短いですが、こんなところで。

それでは、今週も頑張っていきましょう!

P.S.週目標は青いライン。ただしこの手法、拡張は可能。
まずはデフォルトのこの値幅を考えてブレイクすればその先も。


提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。

2017/07/04

今週の流れ。ちなみに今日は…

今週の流れを分析。

7月に入りました。それでは今週の流れを分析していきましょう!
ちなみに、今日は何の日でしょうか。

今日はアメリカの「独立記念日」です。
そのせいか昨夜はNYダウも高値更新しましたね。
今晩はアメリカのトレーダーはお休みです。
こんな感じで遊ばれる方がアメリカでは多いようです。
楽しそうですね~。花火いいなあ。

それではやっていきましょう。

今日の市場
  • 日経平均
  • ドル円
  • NYダウ
  • ユーロドル

日経平均

日経平均1時間足
日経平均1時間足

日経平均週足
日経平均週足
7月3日4日と今月が始まって2日経過した時点で、日経平均はこうなっています。
週目標値へ上昇し、下落しています。
週足で見ると、今週の目標値全貌は上記チャートのようになっています。

今段階で、週の流れとして買い方面です。
今週の大目標が大きな年目標(20500辺り)になっていますが、
果たして可能なのかどうかを日々よく見ていきましょう。

途中で陰線に変わらないと良いですね(笑)週足は切り下げています。

ドル円

ドル円週足
ドル円週足
ドル円も買い方面になっています。
細かい目標値も昨日ブレイク。今日昼12時時点で
支えになっているのは、月の目標値の一つです。(113.136)

月間展望7月号でお話した一番浅い目標の事。
昨日はそのラインをブレイクしています。

なお、この相場で極めて重要な年ベースのラインは112.868にありますので
覚えておいて下さい。理由はここではご説明しませんが、上のチャートの緑の
ラインとはまた別のものです。特に重要な観点は、この値位置より上か下か。
だからこそ、先月はその値位置が抵抗になりました。

NYダウ

NYダウ日足
NYダウ日足
ダウの週目標は日足で見るとこうなっています。
昨夜、高値越えしました。

21440は先月終値ではブレイク出来ず。
次の年ベースの目標が21575ですが、週目標とはかみ合っていません。
週では21656付近が月目標とも重なっています。

現在、週足としてはこのNYダウのみが切り上げとなっています。
日経平均、S&P500、ナスダック100種平均は切り下げです。

ユーロドル

ユーロドル4時間足
ユーロドル4時間足

ユーロドル週足
ユーロドル週足
ユーロドルは3日の7月初日、1.13564の週目標へ下落し反発。
日単位ではここを下ブレイクはしていないようです。

その他目標値は上記チャートをご覧下さい。

ユーロドルで思い出しましたが、「いやらしい相場」は愛知県の方言のようですね。
動画で気にせず使っていました(笑)。
気が付いてしまった以上、今回作成した動画(下記)ではカットしました。
意味は、「うっとうしい相場」です。

金日足
金日足
金相場は先月から下落を続けており、故に、なのかこれが結果なのかは分かりませんが
株価指数は順調に伸びています。(金は景気を見る指標に丁度いい)
この相場が反転する時は怖いですね。(笑)

週の下落目標はあと僅かのようです。
ただ、月目標としては今上の抵抗線になっている1224、下にある1209を
月間展望7月号でもお話したように狙っています。(上記チャートには載っていない)

また3割戻しが1229であり、5割戻しが1209である事から
その理由も明らかです。

その後の展開は、もちろんこのラインのセオリー通りに考えれば良い事になります。
このセオリーというのは、昔から教えているセオリーの事です。

以上が今週の展開です。
3日に『月間展望7月号』を撮影し、アップロードしました。
勝ち方実戦編フリーパスプランメンバー限定の動画です。

月間展望7月号また、6月の値動きから『LESSON36「月の流れ」』を撮影し
アップロードしました。
こちらも勝ち方実戦編フリーパスプランメンバー限定の動画です。
メンバー様はご覧下さい。(デモ動画はこちら

それではまた。


提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。