2017/01/21

FXの先週の値動きと今週の目標値1/23-27

FX、先週の振り返りから。

こんにちは。スリースタータードットジェーピーの大野です。
先週のトランプ大統領就任で、予定調和な値動きを見せていた為替ですが
来週はどうなるでしょう。まずは、先週の振り返りから。

今回は少し増やして、ドル円・ユーロドルだけではなく
オージー円・ポンド円・ユーロ円・ポンドドルも見ていきましょう!

ドル円・ユーロドルに関しては先週半ばに配信しました。こちら

オージー円4時間足1/16-20
オージー円4時間足1/16-20

ユーロ円4時間足1/16-20
ユーロ円4時間足1/16-20

ユーロドル4時間足1/16-20
ユーロドル4時間足1/16-20

ポンド円4時間足1/16-20
ポンド円4時間足1/16-20

ポンドドル4時間足1/16-20
ポンドドル4時間足1/16-20

ドル円4時間足1/16-20
ドル円4時間足1/16-20
さて、これらが先週1/16-20の4時間足ですが
特筆すべきはポンドでしょうね。
週明けに飛んで、既に目標値に達していましたから(笑)。後は買うだけという相場でした。

そして、時々ピンクのラインが
入っていますが、これは何かというと「売り目標」です。
それはその後に影響して、買い目標になる事もあります。

※本当は買い目標を別に算出する必要がありますが
申し訳ございませんが面倒なので、これでいきます。

特に出す必要もなかった市場に関しては
基本のラインの出し方だけで表示してあります。

まあ、どの市場でやっても同じなので
どこでも良いのですが、今回はこの6市場でお送りします。
今週の目標値も次に出しますので、お役立て下さい。

とにかく機能するのが週の目標値

上のチャートを見て頂いて、昨年末からの分析配信も見て頂くと分かりますが
機能しない週などないという事です。

少なくとも、私はこれが機能しない週を見た事がありません。

デイトレード手法もそうで、機能しない日があるのか?(笑)

そして、今年はこの週の目標値を教えています
昨年までは、家族にしか教えなかった事ですが
スリースタータードットジェーピーの会員様には勝ちまくって頂きたいのです。

デイトレード手法をマスターして頂くと
この週の目標値は利用可能になります。
ですので昨年はデイトレード手法を一年間通してしつこく教えてきました。

次の段階として、これ(週)をマスターして頂きたいのですね。

「スイングなんてしないよ。俺は(私は)短期で攻める!」
という方も、短期でも、これほどまで機能するラインを利用しない手はないですよ。

誰もこの手法を知らない(かった)のを良い事に、市場では何度も何度も
この値位置のそれぞれが機能しまくっています。ズルいのですよ。相場というのは。
これは暗黙の了解というものです。

その、「秘密」を探り当てましたので


またご説明しますが
週の目標値は「勝ち方実戦編フリーパスプラン」のメンバーにしか教える気がありません。
単品レンタルも出来ます。ただし一つ33,333円で、動画は週だけで2つあります。

その後、月と年も予定しておりますので、計6個このシリーズはあります。

つまり、計199,998円分がいずれこのプランには追加されます

今年中なのかは分かりませんが、それを考えると
現在の価格…一般178,200円、会員89,100円は安すぎる(笑)
それ以前に追加されている動画も36時間以上ありますので。

そして、これら目標値ですが
配信している内容には重要な部分がいつも抜けています。
それは教えるわけにはいかないので、削ってあります。

目立つ部分だけをいつも配信していますので
本当のところを言えば、勝ち方実戦編フリーパスプランに参加しない限りは
これらのラインを使いこなす事は不可能です。

メンバー様は、自分自身でこれらのラインを好きな市場で
一瞬で引く事が出来るようになりますので、週末の作業は
数分~でも終える事が出来ます。後はライン通りに売買するだけ。

です。

では来週も頑張っていきましょう!

来週はこうなっています。

来週の目標値はこちら




ポンド円日足
ポンド円日足

ポンドドル日足
ポンドドル日足

ドル円日足
ドル円日足
オージー円日足
オージー円日足

ユーロ円日足
ユーロ円日足

ユーロドル日足
ユーロドル日足






相場分析配信方法

2017年は週ごとのスイングトレードを配信しています。 目標値や値幅を配信して、翌週に確認。また次の週を配信していく予定です。詳細は年始の記事をご参照下さい。

提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。
コメントを投稿