2016/06/16

その他の相場。これから(その1)

ドル円以外について

こんにちは。大野です。
前回、ドル円について記事を書きましたが
今回はそれ以外の相場について書いていきます。

とはいえ、これらの内容は6月1日に作成した動画
既にお話した事がほとんどです。

一応、有料教材(勝ち方実戦編フリーパスプラン)のメンバーのみに
配信している月間展望動画ですので、
おいしい部分がほとんど終わってからの一般配信となります事をご了承下さい。

結局、今月の相場というのは、リスクとの闘い、押し目がまだ未達。
といった事が、このような結果を招いている(暴落)と考えています。

ですが、私が6月が始まる前にこれらの事を計算済みであるのと同様に
大手のプロ連中は当然、分かった上でこの流れに乗っているという事や、
いきなり下落したわけではなく、起こるべくして起こっているという事をご理解頂ければ幸いです。

  • NYダウ
  • 日経平均
  • オージー円
  • 原油
  • ドルインデックス
  • ユーロドル
これらについてお話していきたいと思います。
少々長くなりますが、今のこの相場展開で大損をしてこの世界から退場という事に
なって頂いては困りますので、今後気を付ける事についてお話します。

NYダウ

NYダウ日足
NYダウ日足

NYダウ月足
NYダウ月足
ダウの月足と日足です。
前月の動きを見てまずお伝えしたのは、月足レベルで終値が持ち合いの上値抵抗線を割れていない事。
そして、最高値間近であり、抵抗線を抜けたところで持ち合いだという事。

終値はかなり重要になってきます。

今は売り目標の一つ目ですが、2つ目までは問題ないです。
3つ目に関しては、終値で付けてしまうのは非常にまずいですが
先に付けて戻るのであれば何も問題ありません。

また持ち合いになるだけです。
数か月間にわたる大きな持ち合いをようやく上抜けたわけですので
是非上値をキープしてもらいたいものではあります。

この市場や、ナスダック、S&P辺りがとても重要です。
我々が取引するほとんどの市場は大体ここに影響を受けて
動いているからです。

日経平均

日経平均週足
日経平均週足

日経平均月足
日経平均月足

日経平均は最初に下落した時からずっと、『15600-17600の間で持ち合いになります』と
お伝えしてきました。
その方が平和で良いですよ(笑)、とも。

その日経平均ですが、下抜けるのか、また戻るのかというのが今の状態。
下抜けると、丸を付けたところ。これが目標です。

というよりも、ここで止まらないと非常にまずいので
どうしても止まって頂きたいと考えています。
これ以上下がるようなら、いずれどの期間になるかはまだ分かりませんが
大暴落を覚悟して下さい。

止まってくれ、止まるはずだ、いやむしろこのまま持ち合いに戻ってくれても
良いぞ笑、とも思いますが、抜けたという事であれば目標はそこにあります。

オージー円

オージー円週足
オージー円週足
オージー円は、動画の最後で取り上げた一番危険な相場とお話した市場です。
オージー円週足6月2日のもの
オージー円週足6月2日のもの
これが月始めの動画でお伝えした内容で、6月16日現在(記事を書いている日)
この76.65を達成しています。
74狙いだとは思っていますが、他市場の流れも見てここからは慎重な取引が望まれます。
オージー円日足6月2日のもの
オージー円日足6月2日のもの

続きは次回。

残り、原油、ドルインデックス、ユーロドル、金は
長くなってしまいましたので、次回お届けします。

次回お届けだとしても、記事を書いているのは6月16日ですので
変化がありました際はご了承下さい。

また、これらの記事や分析をいくら読んだとしても
ご自身で分析と判断、トレードスタイルに合わせた売買が
出来なければ、ほとんど意味はありません。

勝ち方実戦編フリーパスプランのメンバーに関しては
同じフィボナッチとギャンの手法を利用しているはずなので
ある程度意味はあると考えて配信を続けております。

この下落の流れに上手く乗れていれば、嬉しく思います。

しかしながら、だとしても
ご自身の判断で、ご自身のスタイルでご判断下さい。
なんと配信しようとも、状況が変われば私自身も
それに合わせて分析はし直しますし。
そんなものです。

それではまた。

提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。

さて、いよいよ来ましたね!ドル円

ドル円相場、安値割れ。

こんにちは。大野です。
さて、いよいよ来ました!

前回の記事で、ドル円はこうお話してありますのでその振り返りから。

ドルインデックスが押すのであれば、107辺りへ。
という話で
今後は、安値割れに気を付ける形となります。
安値を割れて103はあるか?このまま押し目となるか。
しかしながら、チャート形状は良いが、抵抗となった値位置は悪すぎる。
111円台半ば、からの売りはライン的に少しマズい。102.8狙いなるか。その場合、100.7は付けるか。
105.549を割れない場合のみ、113.3と115を狙える。
それらが問題で、今後見るべきポイントです。
昨日、105.549を割れましたよね。


ここから何が問題なのか?

その一番重要なポイントをお話していきます。

ドル円週足
ドル円週足

これはドル円の週足チャートです。
一番重要なポイント、は100.7を付けるか付けないか。
それだけです。

ブレイクしなければ、絶好の買い場となり
してしまえば、跳ねたとしても後々大変残念な相場が待っているでしょう。(笑)


103、103と言い続けてしばらく経ちますが
ここまで来て(104円台)ようやく、少しは信じてもらえたのかも知れません。
いつもそうですが、「実際にそうなるまで誰も信じない」というのが
相場分析の問題点で、(笑)
それも分かった上で、出来る限り正しい配信をしようと心掛けています。






と、全て103円台を意識しておりましたがこれは何故か?
という事を、本当に簡単ではありますがご説明しておきます。

『105円台までの押しは、あまりにも簡単過ぎるから。』

という単純な理由。(笑)
そして目標値。
この二つです。

105円台で跳ねるのであれば誰でも買えるのです。
ですが、ギリギリまで攻めるとしたら一度割れないといけない。

そこから下、どこで止まるかというのは理論によります。
そして、トレーダーがいかに見過ごしやすいタイミングであるか?
にもよります。

理論を詳しくはご説明しませんが、上に書いた情報などを是非
ご参考にして下さい。




それではまた。

提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。