2016/02/04

ドルインデックスの下落が意味するもの-ドル売りユーロポンド買い-

ようやく良いねが付いたドルインデックス

先日からドルに起因した動きが続いていますね。
※この記事は2016年2月4日に配信したものです。
ドルインデックス週足1月29日
ドルインデックス週足1月29日
https://www.tradingview.com/chart/USDOLLAR/v85RwSIN-USDOLLAR-has-a-risk/

この話です。
こちらの日足もあります。
ドルインデックス日足1月29日


ドルインデックスが及ぼすFXへの影響については後ほど。

かなり前に投稿した記事で、ドルインデックスが下落リスクがあるとお話していたのですが、
なぜか
いつもは「いいね」(facebookではない)を付けてくれるロシアのファンドマネージャーも
そうしてくれず、もういいやと思って、英語版から日本語版に切り替えてやったのですね。
すねたわけです(笑)。

ですが、結局これでしょ。
ドルインデックス日足2月3日
ドルインデックス日足2月3日

こうなったら今更ですが、ファンドマネージャーがいいねを付けてくれた!という話です。
ファンドマネージャーもこうなるまで分からないって、どうなってるんですかね。

私はこう考えています。

「結局は、フィボナッチ通りに動く」。

だからそれを知らない人は、動くまで分からないという事です。

ここで下落する事は12月の「年間展望」や1月の投稿、下落前日に撮影した動画
「月間展望~今、注目の相場~」(2月号)でもお話しています。

なぜなら、そこがフィボナッチのルールとして売り場だから。

だからこそ、そうなるわけです。


こんなに下落してから分かっても、遅くないですか?(笑)
何がファンドマネージャーだよ。(とか言いながら、実は彼の事が大好きなんですけどね(^^)/)


何を今更「Agree(同意する)」だよ。(笑)
と思いながら、ロシアのよく分からないトップ投稿者のファンドマネージャーに
毎回同意される事に喜びを感じているのですが。


なぜそこで売りなのか?

解説します。

ドルインデックス週足1月29日
ドルインデックス週足1月29日

これは1.618です。
もしこれが、1.272なら私も売りだとは言いません。
ですが、1.618です。

どう考えてもリスクがあります。
ここで上値を越えて終値が付く、という事があれば
それはその上の0.764のある12450辺りまでを考えます。
しかし、1月の終わりは越えていません。

1月最後の上げは
ただの損切りカットですから。
終値は割れたまま。

だから、2月、
ドルインデックス日足2月3日
ドルインデックス日足2月3日
こうして売られているという事です。

簡単ですよね?これがフィボナッチです。

ルールとセオリーがあります。きちんと理解していれば、よほど間違える事は
少ないのです。

ドルインデックスの下落が意味するもの

ドルインデックスが下落するという事。
それは・・・、ドル円が下落し、ユーロドル、ポンドドル、オージードルが買われる
という事を意味しています。

なぜなら、このドルインデックスは
ドル対、
円・ユーロ・ポンド・オージーの複合的な指数だからです。

ドル円、ユーロドル、ポンドドル、オージードル、ユーロ円、ポンド円、オージー円。
このどれかを取り引きされる方は必ず見ておかなければならない指数だと
私は考えています。

ただ、この1.618での下落。
それは、すべてがここで終わりというわけではなく
押し目を付けに行っていると考えてもいます。

それは38.2%戻しと76.4%戻し。
そのどちらか。

もしもそれも越えてしまったら、その時はかなり下落が大きいですが。

確かに、正月に配信した「年間展望」では
『年始に上げて、その後の下落が一番怖い:。なぜなら、年中下落リスクがあるから。』
とお話しています。

ただ、まだ上に0.764が残されています。
その点を考慮すると、押し目で再度上の目標値を目指す事が
一番あり得るパターンなので、最近はその線でお話しています。
(月間展望2月号)


提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。
コメントを投稿