2014/05/17

ダウ目標達成か?

NYダウが目標に達成か

少しこのチャートを見てみて下さい。
NYダウ日足5月16日
NYダウ日足5月16日
ダウの日足ですが、2009年3月から目標にしてきたラインに今週、到達しました。
当然、そこから暴落しています。

もちろん、それより上が無いとは言いません。
しかしながら、一つのめどとなっている事は間違いないでしょう。
このダウCFDの価格では、
今支えになっているのが16365-16400のライン、そして
前の安値16356。
これを割れた場合は、16139がターゲットになっています。

ラインは割れたか割れないかですから、
割れたらさらに売っていくし、支えられたら少し待って買いを入れる事になります。
続いて分かり易いドル円をやっておきます。

ドル円安値割れ

ドル円日足5月16日
ドル円日足5月16日
ドル円の前安値は101.319でした。
今段階で101.309の安値を付けました。
そうなると、かなり危険な状態と思っていいでしょう。

ターゲットは101.056、そして100.697です。
100.749が今年の最安値ですから、
二つ目のターゲットを達成してしまえば
100円割れを考える必要があります。

101辺りでの大きな上昇は切り上げという事になります。
100円以下の値位置に関しては、
様々ありますがこのチャートでは98.946になっています。

とにかく、シンプルです。
安値を割れるのか、割れないのかです。
ま、そんなに単純でもないですが(笑)。今週もまた
前回安値割れに留まっていますから。

毎回のように機能するライン

ところで、前回のユーロドルの売り、そして
今回のダウの暴落もそうですが、あるラインが機能しています。
私が毎回説明しているのは、相場予想ではありません。
ラインがどうなのか、を説明しているだけです。

研究の末、あるラインの引き方が最も相場にマッチし、
実際にその通りに値が動くことを発見しました。

言葉では上手く言えませんが(というよりは内緒ですが(笑))
このラインにぶつかった時、見過ごしてしまうと
結構な痛手を負う事になります。
順調に見えても、ある値位置へ達した瞬間に
急に折り返して戻ってくることになるからです。

ですがご安心下さい。
この分析方法は教材になっています。
この引き方はあるルールを基に考えており、ちょっとしたコツも要ります。
既にお持ちの方が多いとは思いますが、
まだ手にしておられなければ会員様は是非GETしておいて下さい。⇒値動きのルール

もちろん、もっと複雑なのですが
誰でも分かるレベルにまで落とし込んだ唯一の教材でしょう。
本当に詳しく学びたい方は勝ち方実戦編フリーパスプランをお求め下さい。

ではまた。
割れたのか割れていないのか、
目標に達したのか達していないのかをよく見ていきましょう!

提供 by3STARTER.JP

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。
コメントを投稿