2014/01/17

余計なことを言うことを止めることにしよう。ドル円の現在

配信で、細かく言っちゃいがち。

大野です。
相場分析を配信していますが、
余計なことを言い過ぎている気がしています。

お役に立てると思って色々言いますが、
細かく教え過ぎてもまた分かりにくいのでは?

ということです。

ドル円を今年初めは配信していますが、
最初5分間だけ時間を取って配信しました。

連休で忙しかったので。

平日の仕事はトレードしかないですからね(笑)。
休日が忙しいわけです。

で、その後しっかり分析しようかと思い、もう少し分析しましたが
細かすぎることを言うと意味が解らない可能性があるな、と。

ラインが分かっている前提で話していることは
ラインが分かっている方にだけ配信すればいい事だろう。

そういうことです。

誰でも分からないと、公開している相場分析としては
意味がないかもな。

本当の大事な事は元々公開してないけれども。

ドル円の現状


ドル円1/15時点。103のポイント。そして、次が102.2、その下が101.5。

これがその後。104.76目指しで上昇すると。
で、今そこまで上昇して売られている。
1/16

103だった時、夜中ですが、
夜中ゆえにここだね、という事が分かり易く、
アメリカ時間の仕込みがよく見えました。

この後ですが、
103.3以上をキープできればよし。

そうでなければ、先ほど書いた目標へ。

上は一旦104.66がポイント。

抜けたら105.2辺りまで。

これがもしフラクタル構造だとすると・・

104.7をまず越えて、それから
103.8へ。

次に、103.3を守れなければ102.2と101.5へ。

という流れになりますかね。


いや、またまたややこしいことを言っているか(笑)。

しかし専門用語はフラクタル構造しか使わなかった。

常識だし、良しとします。


なお、当たるも八卦。当たらぬも八卦。

利益を出せるかどうかはその時のタイミングで気が付くかどうか。
そのカギは、『何時ですか?』ということ
それがデイトレ。

提供 by3STARTER.JP

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。
コメントを投稿