2014/01/13

1月13日の週、調整

先週の雇用統計から調整が始まっています。

このタイミングの変化を見る時には

ダウ・ドルインデックス、金を見ます。

そして、時間帯ごとのタイミングを計ることで

今何をすべきかが分かり易くなります。


※ドル円の話です


前の記事でも書きましたが、

ドル円調整下落中です

前はその目標値をドル円だけで算出しました。


今回は何かというと、

全体の市況からタイミングを計ろうという事です。


ダウ01/13
ダウ01/13

ユーロドル01/13
ユーロドル01/13

金01/13
金01/13

ドル円01/13
ドル円01/13

ドルインデックス01/13
ドルインデックス01/13


会員サイトにはターゲット上下ともに明確に書いてあります。
会員サイトを見るにはメンバーになる必要があります
最安で、シンプルプランを買うとメンバーになることが出来ます

で、じゃあドル円を考えた時に
ダウが調整中はドル円が弱いことはお分かり頂けると思います。
ドルインデックスはドルの指数なので、ドルインデックスが弱くてもドル円は
下落する事が分かると思います。

金は、ドル円やドルインデックスと逆の動きをする。
ユーロドルはドル円と逆の動きをする。

では?

他のチャートを見て下さい。

(笑)

ということです。

ダウとドルインデックスが復活して、
ユーロドルと金が下落する時はドル円が上昇することになります。

だから他の市場を見る必要があるのです。

こういうやり方が、相対性を利用する手法です。
1000円のテキストがありますので宜しければどうぞ。 【さらに分かる!最も正確な読みの出来るCFD/FX取引方法】

ドル円の調整はどこまで行くか


それによって、上値ターゲットも決まります。
下落ターゲットが決まることで上値ターゲットも決まる。

これはフィボナッチエクステンションの数値が変わるからです。

意味が解らない方は勉強して下さい。
フィボナッチを教えています。

9週間連続で上昇したドル円のことですから

別に調整が入ってもいいのですが、上値ターゲットを目前にしての下落です。

フィボナッチ的には
今の値位置103.431が0.764で、102.190が0.618です。

または前の記事をご参考に。


フィボナッチエクステンションについて詳しくは動画にしてご説明します。

プチテク3「下落ターゲットと上値ターゲットで2倍取る方法」(1/14から視聴出来ます)

これらのプチテクなどの動画は個別教材レンタルページで15ドルで買えます。

フリーパスプランのメンバーは無料で観られます。


今回のケースについては会員ページで少し記事にしてみます。

今起こっている事と、ドル円がどうなる可能性が一番高いかですね。

ドル円のページで特集します。


ではまた。

提供 by3STARTER.JP



ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。
コメントを投稿